GJ > 競馬ニュース > 敗れた2歳女王の次なる選択肢
NEW

【桜花賞】デアリングタクトVSレシステンシア思わせるデッドヒート、敗れた2歳女王の次なる選択肢

【桜花賞】デアリングタクトVSレシステンシア思わせるデッドヒート、敗れた2歳女王の次なる選択肢の画像1
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 仁川に咲いた満開の桜に見守られた今年の桜花賞(G1)は、昨年の阪神ジュベナイルF(G1)以来の直接対決となったアスコリピチェーノとステレンボッシュによるワンツーフィニッシュで決着。実力上位の2頭が、トライアルレースで名を上げた刺客たちを一蹴して格の違いを見せつけた。

 阪神JFと異なったのは両馬の着順だ。今回はアスコリピチェーノをステレンボッシュが逆転。いずれも最後の直線でスムーズな進路を取れた方が制している。どちらも阪神JFから直行するローテーションは同じ。1度目の対決はアスコチピチェーノの北村宏司騎手が上手く乗り、2度目の対決はステレンボッシュのJ.モレイラ騎手が好騎乗でパートナーを勝利へ導いた。

オークスでステレンボッシュとアスコリピチェーノの対決はあるか

 しかし、桜花賞の勝利でオークス(G1)の1番人気がほぼ確約されたといっていいライバルに対し、アスコリピチェーノ陣営としては、何としてでも桜花賞馬の称号を手に入れたかっただろう。

 というのも距離延長を苦にしないステレンボッシュと違い、ダイワメジャー産駒のアスコリピチェーノにとって桜花賞の1600mから800m延びる2400mのオークスは、歓迎できないためである。

 近年のサンプルとしては2020年の桜花賞が近いイメージ。この年は2歳女王レシステンシアを破ったデアリングタクトが、オークスと秋華賞(G1)も制して無敗の牝馬三冠に輝いた。2着に敗れた2歳女王レシステンシアはオークスに向かわず、NHKマイルC(G1)を選択して2着。その後も短距離路線を歩んだ。

 本馬もまたダイワメジャー産駒だったことを考えれば、桜花賞で2着に敗れた2歳女王という意味ではアスコリピチェーノも同様。まだ次走の発表はされていないものの、NHKマイルCに向かう可能性が高いかもしれない。

【桜花賞】デアリングタクトVSレシステンシア思わせるデッドヒート、敗れた2歳女王の次なる選択肢の画像2
桜花賞で敗れたレシステンシアはオークスに出走せず

樫の女王を目指すには父の血を克服する必要も

 まだ距離適性が明確にならない3歳春という時期だけに、オークスに出てくる可能性もゼロではないだろうが、過去の歴史を振り返ってみても好材料は見当たらない。

 実際、ダイワメジャー産駒の重賞成績は、1600mを超える距離では芝1800mでカレンブラックヒルが2勝を挙げたのみで1800mを超えると全敗。牝馬よりスタミナに優る牡馬を含めた成績なのだから苦戦を免れないだろう。

 また、NHKマイルCに出走した場合は、同じダイワメジャー産駒ボンドガールと対決が実現するのは興味深い。本馬は抽選を突破できずに出走したニュージーランドT(G2)でエコロブルームの2着に敗れた。

 父が晩年に送り出した素質馬2頭だけに、今後の短距離路線を引っ張っていく存在として期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【桜花賞】デアリングタクトVSレシステンシア思わせるデッドヒート、敗れた2歳女王の次なる選択肢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想