GJ > 競馬ニュース > 「無敗の二冠」戸崎圭太の悲願は叶うか?
NEW

【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢

【この記事のキーワード】, ,
【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢の画像1
ジャスティンミラノ

 単勝オッズ一桁台の馬が5頭いたように、混戦ムードの中で行われた今年の皐月賞(G1)だったが、並みいるライバルを蹴散らしてクラシック一冠を手に入れたのは、2番人気に推されたジャスティンミラノ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)と戸崎圭太騎手のコンビだった。

キャリア3戦目で皐月賞制覇はソールオリエンスに続く快挙

 本馬はこれでデビューから無敗の3連勝。キャリア3戦目での皐月賞制覇は、昨年の皐月賞を勝ったソールオリエンスに続く2度目。このまま順調なら次走の日本ダービー(G1)で無敗の二冠制覇も視野に入る。

 ゲート入り寸前に右前肢跛行の発症が判明したダノンデサイルが競走を除外され、17頭立てで争われた芝2000mのレース。大逃げしたメイショウタバルが1000m通過57秒5という超ハイペースで飛ばす展開に振り回されることなく好位でピタリと追走した。最後の直線で先に抜け出したジャンタルマンタルを捕まえると、外から猛追してきたコスモキュランダの強襲を凌いでゴール。底知れない強さを見せつけた戴冠劇だった。

「前走も強い内容だったので、今回も馬を信じて騎乗させていただきました」「今日もパワーアップしていましたし、またさらにダービーに向けていい状態になってくると思います。楽しみです。いい騎乗ができたらと思います」

会心の勝利をそう振り返った戸崎騎手だが、パートナーの調教をつけていた藤岡康太騎手に感謝の気持ちも忘れなかった。管理する友道康夫調教師も「先日、落馬事故で亡くなった藤岡康太騎手のご冥福をお祈り申し上げます」「今日は馬の名前ではなく、『康太!康太!』と叫んでいた」とのこと。ジャスティンミラノの勝利を、今は亡き友が背中を押してくれたのかもしれない。

 その一方で戸崎騎手にとってもダービージョッキーのタイトルは是が非でも欲しい勲章だろう。

 戸崎騎手は過去、エポカドーロ(2018年)とダノンキングリー(19年)に騎乗した日本ダービーで2着に惜敗。いずれもあと一歩のところで手が届かずに悔しい想いをした。今年のジャスティンミラノで5年前の悪夢を払拭したいところである。

 皐月賞を制したことにより、大本命として挑むことになりそうだが、そこで思い出しておきたいのは、過去5年に同じく無敗の二冠を目論んだものの、1勝3敗と思いのほか苦戦していたことだ。

■日本ダービーで無敗の二冠がかかった馬の成績

2019年 サートゥルナーリア、4着(ロジャーバローズ)
2020年 コントレイル、優勝
2021年 エフフォーリア、2着(シャフリヤール)
2023年 ソールオリエンス、2着(タスティエーラ)

 ご覧の通り、無敗二冠に成功したのはコントレイル1頭のみ。同馬は秋の菊花賞(G1)も制したように無敗の三冠も達成した大物だった。直近のエフフォーリアやソールオリエンスにしても東京コースの経験があっただけに、共同通信杯(G3)勝ちのあるジャスティンミラノといえども油断は禁物だ。

 ただ今年の戸崎騎手は関東リーディングで首位に立ち、全国でも川田将雅騎手とC.ルメール騎手に続く3位と好調。そろそろチャンスをモノにしてもおかしくない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想