GJ > 競馬ニュース > 新女王テンハッピーローズにあの「お転婆娘」彷彿!?
NEW

新女王テンハッピーローズにあの「お転婆娘」彷彿!? 凄すぎるファンサービスも話題に…一夜にして新たな「個性派ヒロイン」が誕生

【この記事のキーワード】, ,
追い切りも話題のテンハッピーローズ 撮影:Ruriko.I
追い切りも話題のテンハッピーローズ 撮影:Ruriko.I

テンハッピーローズの最終追い切りが話題に!?

 12日のヴィクトリアマイル(G1)は14番人気の超穴馬テンハッピーローズ(牝6歳、栗東・高柳大輔厩舎)が優勝。G1歴代4位となる単勝208.6倍の高配当には、誰もが度肝を抜かれたことだろう。

 これだけ敬遠された背景には、これまで重賞で好走経験がなかったことももちろんだが、最終追い切りの動きも要因の1つに挙げられるか。

 栗東の坂路を単走で駆け上がったテンハッピーローズだが、頭を上げて口を割りながら左を向いたり右を向いたりした上、ジグザグに走行するなど走りにまったく集中できていない様子……。

 SNSなどにも「この動き見たら買えるわけない」「むしろこの調教でよくG1勝ち切ったな」といった感想や「まるでメイケイエールを彷彿とさせる走りだ」と、前向き過ぎる気性ゆえに頭を上げながら走る姿が“獅子舞”などと呼ばれるも、ひたむきな姿で人気を博した、かつてのお転婆娘の名前も出ていた。

 ちなみにテンハッピーローズと、今年3月の高松宮記念(G1)をもって引退したメイケイエールは同期。過去に2回対戦経験があり、初対決となったのは3年前のチューリップ賞(G2)だ。

新たな個性派ヒロイン誕生の予感

メイケイエールとテンハッピーローズは同期となる 撮影:Ruriko.I
メイケイエールとテンハッピーローズは同期となる 撮影:Ruriko.I

 レースはメイケイエールとエリザベスタワーが1着同着、テンハッピーローズは10着に敗れたが、注目したいのがスタートから約200mの地点である。

 最内枠からスタートしたメイケイエールが頭を大きく振り上げ、鞍上の武豊騎手がなだめるのに苦心するシーンが見られた一方、実はその奥でテンハッピーローズも同じように頭を上げて“獅子舞”のような状態となっていたのである。

 なお、このとき同馬の手綱を取っていたのは、奇しくも後にメイケイエールの主戦騎手となる池添謙一騎手だった。

 ちなみにメイケイエールが果たせなかったG1勝利を決めたテンハッピーローズだが、ウイニングランではスタンドにぎっしりと詰めかけたファンを正面に捉えながらの“カニ歩き”でサービス。SNSでは「凄すぎる」と再び話題を呼んでいた。

「テンハッピーローズちゃん」というワードがSNSでトレンド入りするなど、一夜にしてシンデレラストーリーを築き上げたテンハッピーローズ。これからは新たな個性派としても大いに人気を博しそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

新女王テンハッピーローズにあの「お転婆娘」彷彿!? 凄すぎるファンサービスも話題に…一夜にして新たな「個性派ヒロイン」が誕生のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ