GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき
NEW

「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず

【この記事のキーワード】, ,
ゴールドシップ
ゴールドシップ 競馬つらつらより

宝塚記念では大活躍だった横山武史騎手だが…

 23日、京都競馬場で行われた宝塚記念(G1)は、3番人気のブローザホーンが勝利。鞍上の菅原明良騎手とともにG1初制覇を飾った。

 8枠12番から五分のスタートを決めたブローザホーンは、レース序盤は無理をせず後方待機策を採った。道中は終始馬群の外々を回らされたが、結果的に外が伸びる馬場の恩恵を受ける形となったか。

 そんなブローザホーンから遅れること2馬身。4角11番手から2着に追い込んだのが7番人気のソールオリエンスだった。重馬場で行われた昨年の皐月賞(G1)を制した後は不本意な競馬が続いていたが、それ以来となる重馬場で久々に“らしさ”を見せた。

 鞍上を務めた横山武史騎手は、「返し馬のバランスが良かったです。いつも以上に大きく変わったと感じました」と、レース前からいい手応えを感じ取っていた様子。「これだけバランスが良くなっていれば、次も楽しみです。元々古馬になってからと思っていたので、まだまだやれる馬です」と付け加えた。

 その横山武騎手だが、宝塚記念の約2時間前にある出来事で場内を沸かせていた。

「ゴールドシップもビックリの出遅れ」

 7Rの3歳以上1勝クラス。15頭によって争われた牝馬限定の一戦で、横山武騎手はハリウッドパーク(牝3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)に騎乗。1番人気サウンドアレグリア、2番人気オーケーカルメンと差のない3番人気に支持されていた。

 レース前まで7戦1勝のハリウッドパークだったが、掲示板を外したことがなく、その安定感を評価して同馬を馬券の軸に据えていたファンも少なくなかったはずだ。

 ところがスタートで痛恨のアクシデントが発生する。ゲートが開くと、「ほぼそろって出ました」という場内アナウンスの通り、各馬が好スタートを決めた……ように見えた。

 しかし、実際はハリウッドパークがゲート内で後肢に重心を置いたまま微動だにせず……。他の14頭が50mほど走ったところでようやくゲートを飛び出し、20馬身ほどハンデを背負った状態でレースが幕を開けた。

 横山武騎手は何とか馬群に取り付こうと、必死に手綱を押しながら追走を試みるが、その差はなかなか縮まらない。結局、中継カメラにもほとんど映らないまま最後の直線を迎えたが、はるか前を行く馬たちの影を一度も踏むことなく最下位15着でゴールにたどり着いた。

 レース後、SNSなどでは「久々にすごい出遅れを目撃した」「ゲートが開いたことに気付いていないかのような出遅れ方」「もともと出遅れ癖がある子だけど、さすがにこれは」など滅多に目にしない“大出遅れ”にファンが続々反応。

 宝塚記念当日の出来事ということもあって「ゴールドシップを超えた」「ゴールドシップもビックリの出遅れ」など、G1レースで通算6勝した名馬の名も挙げられていた。

「(宝塚記念当日ということもあって)2015年の宝塚記念を思い出したファンが多かったようですね。あの年は断然1番人気に支持されたゴールドシップが立ち上がったところでゲートが開いてしまい大きく出遅れ。後方のままブービー15着に敗れてしまいました。

今回のハリウッドパークはさらに酷い出遅れでしたが、ゴールドシップの手綱を取っていた横山典弘騎手と、ハリウッドパークの横山武騎手が親子ということもゴールドシップを思い出す一因になったのかもしれません」(競馬誌ライター)

 宝塚記念当日にゴールドシップを彷彿とさせる出遅れとなってしまった横山武騎手。この日の京都で勝利は挙げられなかったが、ソールオリエンスを2着に導いたことで何とか面目は保てたのではないだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に