GJ > 競馬ニュース > オジュウ「勝ったら」どうなる
NEW

武豊オジュウチョウサン「勝ったら」どうなる?”平成最強ジャンパー”が史上初の「平地・障害G1」ダブル達成へ、最も「現実的」な選択肢は

【この記事のキーワード】, ,
武豊オジュウチョウサン「勝ったら」どうなる?平成最強ジャンパーが史上初の「平地・障害G1」ダブル達成へ、最も「現実的」な選択肢はの画像1

 週末7日に七夕を迎える今週の競馬で、最もファンから熱い視線を集めているのは日曜日の七夕賞でもプロキオンSでもなく、土曜日に行われる「500万下」だろう。

 7日に福島競馬場で行われる開成山特別(500万下)には、現在G1・5勝を含む障害レース9連勝中のオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)が登場。それも鞍上は、競馬界のレジェンド武豊である。

 それもオーナーの長山尚義氏(名義は(株)チョウサン)を始め、オジュウチョウサン陣営は単なる調整ではなく、本気で平地勝利……その先にある「平地G1制覇」を見据えているだけに、掛け値なしの”ガチ勝負”。土曜の福島は、異様なムードに包まれそうだ。

 それにしても、本当に通用するのだろうか。

「平成最強ジャンパー」として、すでに「史上2頭目の障害殿堂馬入りも濃厚」と言われているオジュウチョウサンだが、平地は2戦して未勝利。陣営は「あの時とは馬が違う」と言い張り、長山オーナーの「ファンの期待に応えたい」という”漢気”は大いに称賛されるべきだが、当然厳し現実が待っている可能性もある。

「これまで平地と障害の両方でG1を勝った馬はいませんが、単純に障害馬が平地を走る機会が少ないということもあります。オジュウチョウサンのような最優秀障害馬を受賞するクラスでは、2007年に受賞したメルシーエイタイムが障害G1を勝った後も、叩き台として何度も平地のレースに出走しています。ですが、すべて500万下ながら、いずれも勝てませんでした。

ただ、メルシーエイタイムの場合はあくまで障害レースに向けた叩き台で、オジュウチョウサンのような本気度はありません。逆に1996年の最優秀障害馬ポレールは、障害転向後に京都大賞典(G2)に出走して、勝ったシルクジャスティスから0.6秒差の6着に健闘。平地の重賞勝ち馬にも先着するなど、平地でも戦えるスピードを見せていました。

正直、平地で通用するのかは『馬による』ので判断できませんが、少なくとも障害馬としてのオジュウチョウサンは、メルシーエイタイムやポレールよりも上。常識的には厳しいという声もありますが、もしかすると……もしかするかもしれませんね」(競馬記者)

武豊オジュウチョウサン「勝ったら」どうなる?”平成最強ジャンパー”が史上初の「平地・障害G1」ダブル達成へ、最も「現実的」な選択肢はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは