GJ > 麻雀ニュース > 麻雀『Mリーグ』  > 3ページ目
NEW

麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー……川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々

【この記事のキーワード】, , ,

 各チームには日本プロ麻雀連盟、最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、麻将連合、RMUといった既存5団体に所属する約2000名のプロ雀士の中から、それぞれ3名ずつが所属することとなる。また、それら選手を決める『ドラフト会議』が来月7日にも行われる見込みだ。

「Mリーグ所属選手には最低年俸400万円が保証され、これは支配下登録されたプロ野球選手の最低年俸440万円に匹敵する金額です。また、優勝賞金は驚愕の5000万円。これも既存の麻雀大会ではあり得ない賞金額。『0』が1つ……いえ、2つ多いと述べても過言でない『別世界』の賞金です。

ただし、麻雀の負のイメージを完全に払拭することを1つの目的として誕生した以上、Mリーグ所属選手は当然、賭博行為とは一切かかわらず『仮に賭博への関係が判明した場合、解雇等の厳重な処分を課す』とのこと。ここは他競技と比較しても、本当にデリケートな部分で絶対に失敗できません。おそらくはスケジュールなどから、徹底的に管理されることが予想されます」(同)

 今回の発表にはSNS上で『Mリーグ』がトレンド1位を記録するなど、従来の麻雀ニュースの規模を遥かに超えた大きな反応があった。またファンだけなく、ドラフトによってMリーグに参加する可能性のあるトッププロたちも公式Twitterなどを通じて、様々な反応を見せている。

 昨年のRTDリーグを制覇した平賀聡彦プロが「革命戦士にオレはなる!」とノリノリで怪気炎を飛ばせば、白鳥翔プロは「とりあえずこれからも厨二病でいきたいと思います。治らないので。皆さんよろしくお願い致します」と、早くもMリーグ選手になる気満々といった様子。

 また、長く麻雀界を牽引し続けている鈴木たろうプロも「実質的にギャンブルとして発展して来た部分のある麻雀ですが、今後は賭博と決別し最高の頭脳スポーツ競技を目指して歩み始めます。応援お願いします!」「そして世の中の麻雀強者の皆さま、一緒に頂点目指しましょう」とMリーグ発足に決意を新たにしているようだ。

 果たして今後、我々にとっての「麻雀」はMリーグを通じて、どのような変化を遂げていくのだろうか。2022年の北京冬季オリンピックには麻雀が室内競技として申請されており、藤田氏は「かなり有望」と手応えを感じているようだ。夢の4年後に向け、2018年は麻雀界にとって革命の年になることは間違いないといえるだろう。

麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー……川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々のページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  2. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  3. JRA秋華賞(G1)黒沢咲「場外ホームラン予想」再臨!? 麻雀・Mリーグ開幕「結婚発表」で大注目「強気のヴィーナス」が豪快万馬券狙い!
  4. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  5. EX風林火山・滝沢和典「大復活」はシナリオ通り!? 渋谷ABEMAS“予言者”白鳥翔が語る「4着回避率トップ」の理由 麻雀Mリーグ【場外対談企画】
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 麻雀Mリーグ「ドラフト直前対談」渋谷ABEMAS多井隆晴VS赤坂ドリブンズ村上淳! 「MVPチーム」と「優勝チーム」は新戦力に誰を選ぶ?
  8. 皐月賞(G1)サートゥルナーリア「凱旋門賞」至上命令!? 麻雀界のカリスマ多井隆晴がクラシック第一弾をぶった斬る!!
  9. JRAオークス(G1)黒沢咲「超強気の場外ホームラン狙い」で大万馬券ゲット!? Mリーグを震撼させた「強気のヴィーナス」が競馬界に初登場!
  10. 最年少Mリーガー松本吉弘「僕がMリーグの個人1位になれる」の真意……初著書で語られた「麻雀界の藤井聡太」の軌跡【書籍発売記念インタビュー】
  11. 麻雀Mリーグ・萩原聖人は来シーズンも「魅せて」勝つ! 麻雀界のレジェンドだけが辿り着いた境地「僕は、そこに挑みたい」【特別インタビュー】