NEW

JRA【皐月賞(G1)展望】「超新星」エフフォーリアVS「2歳王者」ダノンザキッド! アノ“怪物”は戸崎圭太と新コンビ結成! ★上位人気馬予想オッズ付き★

【この記事のキーワード】, ,

 重賞初挑戦がG1舞台というディープモンスター(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)。デビュー前から“怪物級”と評され、将来性を感じさせる走りを披露してきた。

 昨年8月の小倉新馬戦ではスタート直前に放馬してしまい、まさかの除外。一頓挫あったが、10月の京都で仕切り直しの一戦を一発回答で勝ち上がり、素質の高さを見せつけた。

 昨年末のエリカ賞(1勝クラス)は取りこぼしたが、年が明けて自己条件の1勝クラス、そして前走のすみれS(L)を勝って、4戦3勝で戴冠を狙う。

 すみれS勝ちからの皐月賞参戦は、同馬主かつ同厩舎だったキタノコマンドールが3年前に辿ったのと同じ。3番人気で5着に敗れた、3年前の“兄貴分”の借りを返すことはできるか。

 鞍上は武豊騎手から戸崎圭太騎手に乗り替わり。3年前の皐月賞をエポカドーロで優勝し、キタノコマンドール(5着)を破った因縁を持つ。ここをあっさり勝つようなことがあれば、3冠も見えてくるが果たして……。

 前走に続き池添謙一騎手が騎乗するヴィクティファルス(牡3歳、栗東・池添学厩舎)は、史上初となる兄弟コンビによるG1制覇を狙う。

 キャリア1戦で臨んだ2走前の共同通信杯では7番人気という低評価を覆し、2着に好走。重馬場で行われた前走のスプリングS(G2)では、中団後方から差し切って、重賞初制覇を飾った。

 これまでは全て1800mを使われてきたが、今回は初の2000m。ただ、父がハーツクライだけにこの距離延長はプラスに出る可能性の方が高いだろう。

 4戦3勝のアドマイヤハダル(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、C.ルメール騎手との初コンビで重賞初挑戦。もともと岩田康誠騎手が手綱を取る予定だったが、オーソクレースの回避によって急きょ鞍上変更が決定した。

 ロードカナロア産駒ながら、1800mより2000mでより高いパフォーマンスを発揮。特に前走の若葉S(L)は2着に3馬身差の完勝を収め、ルメール騎手への乗り替わりも手伝って、上位人気組の1頭としての出走となりそうだ。

JRA【皐月賞(G1)展望】「超新星」エフフォーリアVS「2歳王者」ダノンザキッド! アノ“怪物”は戸崎圭太と新コンビ結成! ★上位人気馬予想オッズ付き★のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】