GJ > 競馬ニュース > 「絶好調」スワーヴリチャード産駒がまたも新馬戦V! キズナやエピファネイアを抑えて2歳リーディング首位に君臨、今週末も「G1馬の妹」がデビュー
NEW

「絶好調」スワーヴリチャード産駒がまたも新馬戦V! キズナやエピファネイアを抑えて2歳リーディング首位に君臨、今週末も「G1馬の妹」がデビュー

【この記事のキーワード】, ,
「絶好調」スワーヴリチャード産駒がまたも新馬戦V! キズナやエピファネイアを抑えて2歳リーディング首位に君臨、今週末も「G1馬の妹」がデビューの画像1
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

 またスワーヴリチャード産駒だ。

 13日に札幌で行われた2歳新馬戦(芝1800m)は、中団を進んだ1番人気アーバンシック(牡2歳、美浦・武井亮厩舎)と横山武史騎手のコンビが、最後の直線で先行勢をまとめて捕えて優勝した。

 10頭立てのレース。ハナを奪った横山典弘騎手のマテンロウノカゼが作り出した流れは、1000m通過65秒6という超が付くほどのスロー。ほぼ全頭が末脚を温存して勝負どころへと向かっていった。

 4コーナーを回り終えると4番人気サクソンジェンヌが先頭に並びかけ、抜け出しを図る。残り100mを切った付近でアーバンシックもようやくエンジンが点火。ゴール前でグイッとひと伸びを見せてサクソンジェンヌを交わし去ると、最後は外から来た2着馬の追い上げもクビ差でしのぎ切った。

「アーバンシックは4コーナーから直線入り口にかけてもフワフワとした走りで、まともに競馬をしたのは正味ラストの100mくらいのみだったかもしれません。返し馬でも暴れたりするなど幼い面を見せており、今日のところは素質だけで勝ち切ってしまったのではないでしょうか。

ちなみに血統的には、近親にディープインパクトなどがいるウインドインハーヘアの一族。先月の函館で新馬勝ちしたレガレイラとはいとこの間柄であり、同馬もスワーヴリチャード産駒で母父ハービンジャーであることから、非常に酷似した配合となります」(競馬誌ライター)

 横山武騎手もレース後「追い切りの時から扶助がきかず、競馬を終えることが最大目標だった。馬の能力で勝っただけです」と、まずはレースが無事終了したことに安堵した様子。この後はメンタル面の成長もかねて、放牧へ出される予定だという。秋以降に少し大人になったアーバンシックの姿が見られることを期待したい。

 なおこれが産駒9勝目となった新種牡馬スワーヴリチャードは、今年の2歳種牡馬リーディングでトップに立つなど絶好調だ。

 2017年の日本ダービー(G1)でレイデオロの2着に惜敗したスワーヴリチャードだが、ハーツクライ産駒らしく古馬になってからさらに力をつけて、G1を2勝。19年の有馬記念(G1)12着を最後にスタッド入りを果たした。

 だが、種牡馬としても同期生となったレイデオロの種付け価格が600万円に設定されたのに対し、スワーヴリチャードのそれは200万円。現役時代に制したG1の数は同じだったにもかかわらず、ライバルより評価が下だったのは数字を見ても明らかである。

 だが蓋を開けてみると、レイデオロ産駒がここまでわずか2勝なのに対し、スワーヴリチャードは先述の通り9勝。同期のダービー馬はおろか、モーリスやキズナ、エピファネイアにロードカナロアなど、すでに実績を出している先輩種牡馬たちをも抑えて首位に立っているのだから、この勢いは本物と見て間違いない。

今週末も「G1馬の妹」がデビュー

「スワーヴリチャード産駒の今年の2歳馬の登録頭数は53頭であり、これは上記に挙がった種牡馬たちの中で最も少ない数字となっています。それにもかかわらず現在2歳リーディングのトップに君臨しているのだから、大変立派な成績ですよね。

同産駒は今週末も、20日の新潟・芝1800mでG1馬アドマイヤリードの妹となるアドマイヤベルがデビューを予定しています。ここまで順調に調整が進められているようなので、いきなり好勝負が期待できそうです」(同)

 ポタジェやルージュバックの半弟にあたり、初戦は3着だったスワーヴリチャード産駒のシトラールも、すでに入厩済で時計を出していることから、復帰が近いものと思われる。産駒の快進撃はこれからも続くに違いない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「絶好調」スワーヴリチャード産駒がまたも新馬戦V! キズナやエピファネイアを抑えて2歳リーディング首位に君臨、今週末も「G1馬の妹」がデビューのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」