GJ > 競馬ニュース > 【日経新春杯】ダービー3着馬の「左回り専用説」に決定打?5度目の挑戦失敗に松山弘平は「もっとやれる馬だと思いますが」
NEW

【日経新春杯】ダービー3着馬の「左回り専用説」に決定打?5度目の挑戦失敗に松山弘平は「もっとやれる馬だと思いますが」

【日経新春杯】ダービー3着馬の「左回り専用説」に決定打?5度目の挑戦失敗に松山弘平は「もっとやれる馬だと思いますが」の画像1
菅原明良騎手 撮影:Ruriko.I

 14日、京都競馬場で開催された古馬の中距離ハンデ重賞・日経新春杯(G2)は、菅原明良騎手が騎乗したブローザホーンが、1番人気に応えて見事な勝利を挙げた。

 初勝利までに9戦を要した遅咲きの実力馬が4歳を迎えた昨春に本格化。前走の京都大賞典(G2)では、レース中に発症した心房細動で競走中止というアクシデントを経験したものの、3度目の挑戦で待望の重賞タイトルを手に入れた。

 年齢的にもまだ5歳で成長の余地もある。この勢いが続くようなら春のG1獲りも視野に入ってきそうだ。

前走を心房細動で競走中止したブローザホーンが初重賞勝利

 強い5歳世代のブローザホーンが勝利した一方で、世代交代を狙う4歳馬はハーツコンチェルト(2番人気)、サトノグランツ(3番人気)、サヴォーナ(4番人気)、リビアングラス(6番人気)の牡馬4頭が出走したが返り討ちに遭った。

 結果的に惜敗したとはいえ、見せ場を作った2着サヴォーナや3着サトノグランツについては善戦したと見ることも可能だが、4着のハーツコンチェルト(牡4、美浦・武井亮厩舎)に関しては、少々残念な結果だったといえるだろう。

 というのも、本馬は日本ダービー(G1)で3着に好走した実力馬だが、馬券圏内の3着以内に入ったレースは、これまですべて左回りの競馬場。対照的に右回りのコースでは凡走したとまでは言い切れない一方で、過去4回とも4着以下に敗れていたのだ。

 ただ、陣営としては不器用な馬ということで、加速に時間が掛かるタイプとの評価。その点、京都の外回り芝2400mが舞台なら、3コーナーの下り坂を利用してスピードに乗れるのではないかと期待していた様子だ。

ハーツコンチェルトの「左回り専用説」に現実味?

【日経新春杯】ダービー3着馬の「左回り専用説」に決定打?5度目の挑戦失敗に松山弘平は「もっとやれる馬だと思いますが」の画像2
ハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I

 しかし、55キロだったハーツコンチェルトよりも重い斤量を背負っていた56キロのサヴォーナや57.5キロのサトノグランツに後れを取ったのは痛い。これには主戦の松山弘平騎手も「手応えがあっても前を交わせませんでした。もっとやれる馬だと思いますが……」と首をかしげるしかなかった。

「日経新春杯に臨んだ陣営が、戦前に負けられない気持ちとコメントしていたように、ハーツコンチェルトの実力を考えれば、他馬より有利な斤量も絶好の材料となるはずでした。そういう意味でも試金石となる舞台でしたが、ここまで条件が揃ったレースで勝てないということは、やはり右回りが苦手というよりなさそうです」(競馬記者)

 絶望的に適性がないというほどではないのだが、左回りならG1で馬券圏内に入れる実力を持っている馬だけに、どうしても物足りなさを感じてしまう。次走は左回りが舞台のレースを使いたいところだが、春のG1では短距離の高松宮記念(G1)や安田記念(G1)くらいしかない。

 また、現在の収得賞金が1500万円で3勝クラスの身であることも除外のリスクが付きまとう。場合によっては長い目で見て、天皇賞・秋(G1)やジャパンC(G1)を視野に入れるのも選択肢に入るだろう。

 はたして今回の凡走で「左回り専用説」が疑惑から確信へと変わるのか、それとも再び右回りに挑戦するのか……。陣営の判断に注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日経新春杯】ダービー3着馬の「左回り専用説」に決定打?5度目の挑戦失敗に松山弘平は「もっとやれる馬だと思いますが」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」