GJ > 競馬ニュース > 福永祐一が認めた才能が開花!2024年JRAマイル問題を吹き飛ばす絶対王者誕生への序章。ジャスティンカフェは新マイル王継承なるか
NEW

福永祐一が認めた才能が開花!2024年JRAマイル問題を吹き飛ばす絶対王者誕生への序章。ジャスティンカフェは新マイル王継承なるか

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一が認めた才能が開花!2024年JRAマイル問題を吹き飛ばす絶対王者誕生への序章。ジャスティンカフェは新マイル王継承なるかの画像1
人気のジャスティンカフェに意外な裏情報も?

■大一番へ向けた注目の一戦

 先週末に行われたフェブラリーS(G1)の前哨戦、根岸S(G3)を制したのは、川田将雅騎手鞍上のエンペラーワケアであった。そして高松宮記念(G1)の前哨戦シルクロードS(G3)を制したのは、西村淳也騎手鞍上のルガルであった。これから行われるG1戦線へ向け、その主役となるであろう新星の誕生は、ファンにとって嬉しいニュースといえよう。

 続いて今週末には、ヴィクトリアマイル(G1)と安田記念(G1)の前哨戦である東京新聞杯(G3)、3歳クラシックに繋がるきさらぎ賞(G3)が行われる。特に東京新聞杯は、混沌としたマイル路線を占う重要な一戦だ。というのも日本中央競馬会(JRA)のマイル路線は、昨年のJRA最優秀マイラーであるソングライン、そして白毛の女王ソダシ、さらに長らくマイル路線を牽引してきたシュネルマイスターが引退。またセリフォスには往年の勢いがなく、マイルCS(G1)を勝利したナミュールも成績が不安定で、群雄割拠の大混戦なのである。そういった意味でこの東京新聞杯は、今年のマイル路線を検証するうえで目が離せないレースとなっている。

 過去にインディチャンプやリスグラシューなどが勝利し、ヴィクトリアマイルや安田記念でも勝ち負けを演じているように、この東京新聞杯は春の大一番に直結する重要な一戦。今年は福永祐一元騎手がかつてその素質を高く評価したジャスティンカフェや、昨年の秋華賞(G1)2着マスクトディーヴァ、朝日杯フューチュリティS(G1)優勝馬ドルチェモア、桜花賞(G1)2着コナコースト、NHKマイルC(G1)2着ウンブライル、ダノンタッチダウン、サウンドビバーチェ、マテンロウスカイ、ウインカーネリアンなどハイレベルな実力馬が出走を予定しているが、中でも注目は今年悲願のG1制覇を目指すジャスティンカフェであろう。

 同馬は昨年の東京新聞杯で福永元騎手が騎乗し1番人気で4着に敗退しているが、それ以前から「能力はG1でも通用する」と高く素質を評価されていたほど。その後エプソムC(G3)で重賞初制覇、マイルCSも3着に好走しその実力を証明した。6歳となった今年は、年齢的にも安田記念やマイルCSを勝利する最後のチャンス。陣営の意気込みはかなりのものと思われる。

 だが過去10年で1番人気はわずか1勝で2着も1度のみというように、この東京新聞杯は波乱含みで簡単なレースではない。先週末のシルクロードSは人気通りの決着で万馬券とはならなかったが、ジャスティンカフェ、マスクトディーヴァ、ウンブライルなどの人気馬が休み明けとなるこの東京新聞杯の出走馬は、どこからどう見ても万馬券必至といえるだろう。

 その根拠となる危険な人気馬、そしてマスコミノーマークの激走穴馬を特別に教えてくれるのが、史上最強の万馬券ハンターと誰もが認める「暴露王」だ。

 年間300本以上の万馬券を当然のように的中させてきた暴露王によれば、昨年のNHKマイルCで本命に推奨し、しかも勝利した9番人気シャンパンカラーに匹敵する“強烈な穴馬を2頭”も見つけたというのである。その穴馬が情報通りに激走するのであれば、この東京新聞杯は暴露王の期待通りの万馬券となる。つまり彼らの情報を活用すれば、誰もが一攫千金を狙えるわけで、否が応でも注目が集まっている。

福永祐一が認めた才能が開花!2024年JRAマイル問題を吹き飛ばす絶対王者誕生への序章。ジャスティンカフェは新マイル王継承なるかの画像2
今年もいきなり10万馬券的中と好スタートの暴露王

 そもそも、なぜ彼らはNHKマイルCでシャンパンカラーの激走を見抜くことができたのか、そしてこの東京新聞杯に出走するシャンパンカラー級の穴馬とはどんな馬か、その真相を探るべく暴露王に話を聞いた。

「シャンパンカラーは重賞未勝利で、多くのマスコミは見向きもしていませんでした。最終的には9番人気の低評価でしたが、本当に嬉しい誤算でしたね。同馬に関しては『前走は不利の連続で度外視していい。それでも3着だから力はある。もともと2戦2勝の東京マイルがベストの馬。前走を叩いて、NHKマイルCに向けての上積みが絶大。追い切りに騎乗した内田博幸騎手も、田中剛厩舎のスタッフもかなりの手応えを感じていた。ちなみに田中剛厩舎は今年JRAで未勝利だけど、もしかしたらこの馬で初勝利となるかもしれない。それほどの期待を持っている』といった情報を提携する凄腕記者から入手していました。

 一方である人気馬に関しては、『前走の激走でダメージが大きく、まだ回復していない。ここはG1なので出走するけど、掲示板も怪しい』といった話がありました。勝負の世界ですから、これらの情報が表に出ることはありませんが、暴露王と提携する凄腕記者は厩舎関係者と密接な関係にあり、そういった本音を聞き出すことができます。同様に本音を把握していた8番人気ウンブライルも2着に好走、思惑通りに3連複2万7690円、馬単3万450円の万馬券を的中となりました。

 この東京新聞杯はそのNHKマイルCで推奨したシャンパンカラーやウンブライルに匹敵、あるいは上回るような穴馬の情報が届いており、さらなる高額万馬券の期待が高まっています」(暴露王スタッフ)

 このようにNHKマイルCの裏事情を語ってくれた暴露王だが、その的中が偶然ではないことは、年間300本以上の万馬券を的中させている事実からもわかるだろう。

 そして注目すべきは東京新聞杯にNHKマイルCを上回る穴馬が存在し、万馬券の的中に手応えを掴んでいること。東京新聞杯はNHKマイルCと同じコースで行われるのだから、このコースで走る穴馬の見極めは、すでに昨年のNHKマイルCで証明されている。

福永祐一が認めた才能が開花!2024年JRAマイル問題を吹き飛ばす絶対王者誕生への序章。ジャスティンカフェは新マイル王継承なるかの画像3
NHKマイルCを完璧な情報で的中。これが凄腕記者と暴露王の実力だ。

 暴露王は東京新聞杯においても過去に万馬券を的中させているが、今年の自信度はその比ではないという。2024年は1月28日の時点で24本の万馬券を的中させ、今年も300本の万馬券的中に向けて好スタートをきったが、早くも最高レベルの手応えがある様子だ。

「ヴィクトリアマイルや安田記念を狙う社台グループの実績馬が人気の中心になるでしょうが、大一番を控えている馬は100%の仕上げでは出走しません。実際に1番人気の成績は散々ですし、過去20年でここを勝って安田記念を勝った馬はインディチャンプのみですし、ヴィクトリアマイルを勝利した馬はゼロです。

 狙いは安田記念やヴィクトリアマイルではなく、ここを目標に激走を狙っている2頭の穴馬。詳細はレース当日に明かしますが、この2頭がNHKマイルCのように激走すれば、想像をはるかに上回る万馬券となっても不思議ではありません。

 今回は特別企画として、東京新聞杯で我々が勝負する2頭の穴馬、そしてその2頭が中心となった3連単・3連複・馬単の最終買い目を完全無料で公開させていただきます。2週間後に迫ったフェブラリーSに向け、ぜひこの情報で馬券資金を稼いでください」(暴露王スタッフ)

 2021年は26万馬券、2020年も12万馬券など過去10年で4度の高額万馬券が飛び出しているこの東京新聞杯。今年はさらなる高額万馬券の期待も高まっているが、その万馬券を的中できるかどうかは、暴露王の無料情報を利用するか否かにかかっているといえよう。

 NHKマイルCの結果が示すように、多くの競馬ファンが不的中という悔しい思いをした裏で、暴露王を信じて馬券を購入したファンは歓喜の札束を手にしていたのである。同じ轍を踏まぬためにも、この東京新聞杯は暴露王が無料で提供する穴馬情報をしっかりチェックしておこう。

CLICK→特別無料公開!【東京新聞杯「3連単・3連複・馬単の買い目」&「穴馬直前情報」】暴露王

※本稿はPR記事です。

福永祐一が認めた才能が開花!2024年JRAマイル問題を吹き飛ばす絶対王者誕生への序章。ジャスティンカフェは新マイル王継承なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」