GJ > 競馬ニュース > 「史上唯一」フェブラリーではなかった開催? 追撃及ばず武豊は2着に敗戦…「地方の怪物」が歴史に名を刻んだ25年前の快挙
NEW

「史上唯一」フェブラリーではなかった開催? 追撃及ばず武豊は2着に敗戦…「地方の怪物」が歴史に名を刻んだ25年前の快挙

「史上唯一」フェブラリーではなかった開催? 追撃及ばず武豊は2着に敗戦…「地方の怪物」が歴史に名を刻んだ25年前の快挙の画像1

 その年の最初に開催されるG1として有名なフェブラリーS(G1)。「フェブラリー」のつく名が示す通り、2月に行われるレースである。

 昨年の優勝馬レモンポップは、12月のチャンピオンズC(G1)も制し、最優秀ダート馬の栄誉を手にした一方、今年の始動戦は連覇のかかるフェブラリーSではなく、サウジC(G1)への参戦を表明している。

 同時期に世界最高峰の賞金を誇るサウジCが創設されたことにより、近年のダートトップクラスが積極的に海外遠征を決断するケースも増えてきた。本来は上半期のダート王を決めるG1のフェブラリーSではあるが、実力上位馬の回避続出も顕著。メンバーレベルの低下を危惧されている。

長い歴史で唯一の1月開催だったフェブラリーSの勝ち馬は?

 そんな厳しい状況下に置かれているフェブラリーSだが、過去に一度だけ2月に行われなかった年があることをご存じだろうか。

 それは、「地方の怪物」メイセイオペラが史上唯一、中央のG1制覇の快挙を成し遂げた1999年だ。97年にG1昇格したフェブラリーSだが、84年にレースが創設された以降で1月開催は今年を含めた41年の歴史で99年の1回のみ。この年に限っては、“ジャニュアリーS(G1)”だった訳だ。

 既に前年の南部杯(G1)で船橋の怪物アブクマポーロを倒し、岩手の怪物として全国に名を轟かせたメイセイオペラは、99年の始動戦に中央勢が相手のフェブラリーSに挑戦する。

 前走のガーネットS(G3)を圧勝したワシントンカラーに1番人気を譲ったものの、最後の直線を外目の好位5番手から力強く抜け出して優勝。同時に地方所属馬による史上初の中央G1制覇という快挙を達成した瞬間でもあった。歴史的快挙を目撃した観衆も、好騎乗で勝利へと導いた鞍上の菅原勲騎手を「イサオコール」で迎えた。

 また、奇しくも2馬身差の2着に入ったエムアイブランに騎乗していたのは、JRAが誇る天才・武豊騎手。7番人気の穴馬で存在感を見せたレジェンドだが、この日のヒーローは間違いなくメイセイオペラと菅原勲騎手のコンビだった。

 あれから25年が過ぎ、上半期のダート王決定戦の輝きが失われつつある現状は、なんとも寂しい限りである。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「史上唯一」フェブラリーではなかった開催? 追撃及ばず武豊は2着に敗戦…「地方の怪物」が歴史に名を刻んだ25年前の快挙のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」