GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声も
NEW

【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声も

【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声もの画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 18日に開催される今年最初のG1レース・フェブラリーS(G1)。同時期に海外で開催されるサウジC(G1)の影響で手薄なメンバー構成になることも心配されたが、蓋を開けてみればG1馬のキングズソードにレッドルゼル、ミックファイアやドゥラエレーデなど好メンバーが揃いそうだ。

 中でもC.ルメール騎手との新コンビが想定されているオメガギネス(牡4歳、美浦・大和田成厩舎)は、出走してくれば面白い1頭となる。

 ここまでキャリア5戦ながら、3勝2着2回とまだ底を見せていない同馬。フェブラリーSと同じ東京ダート1600mで行われた2走前のグリーンチャンネルC(L)では、初の古馬相手だったにもかかわらず2着に3馬身半差をつける完勝を収めた。

 前走の東海S(G2)はウィリアムバローズを捕えきれず1馬身差の2着だったが、初の関西圏での競馬だったことを考えると悪くない内容といえる。まだまだ伸びしろがたっぷり見込めそうな上、今回は地元関東に戻っての一戦。鞍上は3日終了時点で早くも今年20勝をマークするなど絶好調のルメール騎手であることを考えると、G1でも好勝負して不思議ではない。

 その一方で、この新コンビ結成で心配されるのが主戦の戸崎圭太騎手だ。

戸崎圭太騎手、オメガギネスも放出か…

【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声もの画像2
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 オメガギネスのデビューから5戦すべてで手綱を取るなど、ここまで苦楽を共にしてきた戸崎騎手。昨年8月のレパードS(G3)は約半年の休み明けで2着に敗れたが、同騎手は「長い休み明けでしたが、よく頑張っています」と馬をねぎらい、続くグリーンチャンネルCを勝った際には「強い内容でした」と称賛のコメントを与えていた。

 ただ、あまり収得賞金が高くないこともあり、できれば1番人気に支持された前走の東海Sを勝ち切ってフェブラリーSの優先出走権を獲得したいところだった。しかし先述の通り2着に終わり優先権を逃したことは、戸崎騎手にとっては結果的に痛かったかもしれない。

 その前回のレース後、戸崎騎手は「道中で(馬体が)伸びて走るところがあり、その分(直線で)伸びきれませんでした」と敗因を話した。そして「次はそのあたりに気をつけて臨みたいです」と先を見据えていたのだが、残念ながらここでお役御免となる可能性が高まっている。

「戸崎騎手といえば、昨年のフェブラリーSを勝ったレモンポップの元主戦だったことは知られるところ。もう1頭のお手馬ドライスタウトが出走したこともあり、レモンポップの手綱は坂井瑠星騎手に譲ると、その後は戸崎騎手の元に一度も戻ってきていません。

また、ドライスタウトも昨年の武蔵野S(G3)でオメガギネスとバッティングしたため、横山武史騎手に乗り替わりとなると1着。故障で回避したものの、ドライスタウトは先月の根岸S(G3)にも引き続き横山武騎手とのコンビで出走する予定でした。

ダートの有力馬2頭を失ってしまったこともあり、戸崎騎手がオメガギネスに懸ける意気込みが強かったことは想像に難くありませんでしたが……」(競馬誌ライター)

 オメガギネスの鞍上がルメール騎手で想定されたことで、SNSやネット掲示板には「戸崎オメガギネスも放出するのか」「さすがに戸崎さんが可哀想」「せめて前走の東海Sで勝ち切れていれば……」といった戸崎騎手に同情の声も寄せられている。

 果たして、再びオメガギネスに跨る戸崎騎手の姿が見られる機会はやってくるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フェブラリーS】オメガギネス×C.ルメール「新コンビ」想定で戸崎圭太「無念」の降板か…レモンポップ、ドライスタウトに続くお手馬放出に同情の声ものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か