GJ > 競馬ニュース > 【宝塚記念】“絶縁状態”武豊と名門クラブが急転直下のタッグ結成!G1初勝利の若手は不可解な降板
NEW

【宝塚記念】“絶縁状態”武豊と名門クラブが急転直下のタッグ結成!G1初勝利の若手は不可解な降板

【この記事のキーワード】, , ,
【宝塚記念】絶縁状態武豊と名門クラブが急転直下のタッグ結成!G1初勝利の若手は不可解な降板の画像1
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 25日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1)。上半期を締めくくる大舞台を2週間後に控え、8日にはファン投票の最終結果も発表された。

 栄えある第1位に輝いたのは、昨年の年度代表馬に選出されたイクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)。史上初の“20万票超え”となる21万6379票もの支持を集め、暮れの有馬記念(G1)に続くグランプリ連勝を目指す。

 ここに来て各陣営の正式な参戦表明なども相次いでいる中、特に注目を集めたのがジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)の鞍上変更だ。当初は団野大成騎手との新コンビで宝塚記念に向かうことが発表されていたのだが、今回は一転して武豊騎手との新コンビで大一番に臨むことが発表された。

 ファン投票でも13万9111票を集めて第3位という上位に支持された同馬。団野騎手は斉藤厩舎の所属ということで“師弟タッグ”なのはもちろんのこと、同馬を手掛けるのが団野騎手の父・団野勝調教助手ということもあり、同時に“父子タッグ”でもあるという関係性がファンの間でも話題を呼んだ。

G1初勝利の若手は不可解な降板

 それだけに、一度は決まっていたはずのコンビ解消には戸惑いの声も噴出した。もちろん、武豊騎手といえばJRA通算4428勝を誇るレジェンド騎手であり、宝塚記念でも通算4勝をマークしている日本を代表する名手である。G1に挑むにあたってトップジョッキーへの乗り替わりは珍しいことではないのだが、今回の非情にも映る采配に関しては“たまたま武豊騎手が空いていたから”という理由だけではなさそうだ。

 団野騎手の今季の乗り鞍を振り返ってみると、ここまで計279回の騎乗のうち、全体の17%ほどにあたる47回は所属厩舎である斉藤師が手掛ける馬とのコンビであった。ところが、先週は同厩舎から5頭が土日の阪神競馬場でレースに出走した中、団野騎手はそのどれにも騎乗しなかった。

 勿論、自厩舎であっても縁のない馬もいるだろうと思いきや、その5頭のうち3頭は前走まで団野騎手が手綱を取っていた馬であり、鳴尾記念(G3)のヒンドゥタイムズも想定騎手に団野騎手の名前が入っていたにもかかわらず、急きょ武豊騎手に乗り替わるという不可解な現象も起こっていたのだ。

 ちなみに、今週末も斉藤厩舎の管理馬は東京と阪神の2場で計8頭が出走を予定しているが、どの馬の騎手欄を見ても、土日とも阪神で騎乗するはずの「団野大成」の名前はない。前走で同騎手が手綱を取った馬は土曜阪神2Rのヴォレトンクールと11Rのスリーパーダがいるが、この2頭はいずれも坂井瑠星騎手へと乗り替わっている。

 これほどまでに極端な変化を見ると、やはり師弟の間で何らかのアクシデントがあったと考えるのも不思議ではない。

 こうした状況に至った経緯に関しては、当人や近しい関係者が事情を明かさない限り真偽不明のままなのだが、それと同時に注目を集めたのは、「サンデーレーシング」のジェラルディーナに武豊騎手が騎乗することになった、という点である。

【宝塚記念】絶縁状態武豊と名門クラブが急転直下のタッグ結成!G1初勝利の若手は不可解な降板の画像2
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 言わずと知れた日本を代表する名門クラブ法人だが、武豊騎手が最後にサンデーRの所有馬に騎乗したのは昨年9月24日のこと。豊明S(3勝クラス)でモンファボリに騎乗して以降このタッグはなく、気が付けば半年以上も“絶縁”状態が続いていた。

 近年では2020年に2歳戦を中心に年間16回の騎乗があったものの、昨年は8回で一昨年も6回と騎乗数が1ケタ台に留まる年の方が多く、サンデーRの勝負服を身にまとう武豊騎手の姿はなかなかお目にかかれない。

 なお、武豊騎手×サンデーRのJRA重賞挑戦は2021年8月8日のエルムS(G3)に出走したタイムフライヤー(6番人気8着)が最後。G1となると2019年11月10日のエリザベス女王杯(G1)に挑んだアルメリアブルーム(13番人気8着)以来、実に4年ぶりのこととなる。

 理由はどうあれ、上半期を締めくくる大舞台において若き有望株に替わってレジェンドに新たなチャンスが舞い込んできたことは紛れもない事実だ。

 特に団野騎手にとっては、現在の苦境に追い打ちをかけるように、高松宮記念(G1)で人馬ともにG1初制覇を成し遂げたファストフォースの電撃引退も発表された。福島記念(G3)で復活の勝利を挙げたステラリアに続く、有力馬との別れ……。飛躍の1年となるはずが、一転して残念な知らせが続いた。

 宝塚記念にまつわる“気になる乗り替わり”が、両者の今後にどんな影響を及ぼすのか。25日の本番はもちろんのこと、その日を境に2人の騎乗馬にどんな変化が起こるのかにも注視していきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【宝塚記念】“絶縁状態”武豊と名門クラブが急転直下のタッグ結成!G1初勝利の若手は不可解な降板のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に