GJ > 競馬ニュース > 【エルムS(G3)予想】人気のペプチドナイルは押さえまで、実績の割に人気のない穴馬を狙い撃ち!雨天での一波乱に期待
NEW

【エルムS(G3)予想】人気のペプチドナイルは押さえまで、実績の割に人気のない穴馬を狙い撃ち!雨天での一波乱に期待

【エルムS(G3)予想】人気のペプチドナイルは押さえまで、実績の割に人気のない穴馬を狙い撃ち!雨天での一波乱に期待の画像1

 今回は北海道シリーズ唯一のダート重賞であり、過去の勝ち馬にダートの名馬が名を連ねるエルムS(G3)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。

マリーンS(OP) 11頭
平安S 5頭
マーキュリーC 3頭
アンタレスS、プロキオンS、大沼S(L、OP)、安達太良S(3勝クラス) 各2頭
ジャパンCダート(現チャンピオンズC)、東京大賞典、名古屋大賞典 各1頭

 となっている。

 同じ北海道シリーズでレース間隔が手頃なせいか、函館のオープン特別からの臨戦が最多。前走重賞組が大半で、条件戦からの勝ち上がり組はやや厳しいかもしれない。

 続いて人気順の成績を見ていこう。

1番人気 1-1-3-5
2番人気 3-1-1-5
3番人気 2-1-0-7
4~6番人気 2-5-2-21
7~9番人気 2-1-2-25
10番人気以下 0-1-2-42

 となっている。

 1番人気と2番人気はそれなりだが、3番人気はアテにしづらい数字。そして、このレースも人気薄の激走が目立つ。近5年で7番人気以下が4頭、うち10番人気以下が2頭来ているので、中穴以下の人気薄まで手広く検討する必要がありそうだ。

 そして、本州はこの週末、台風の影響が少なからずありそうな気配だが、意外にも札幌も今週末の天気が怪しい。土日とも降水確率90%の予報になっており、開催当日は終日雨のようだ。ダート戦なので芝ほど影響は出ないだろうが、多少考慮して予想を進めたい。


 これらを踏まえて「◎」は4番ワールドタキオンとする。

 前走は甲州街道S(3勝クラス)。大外枠からの発走で、上手く捌いて中団より前目に位置取って追走。直線に向くと前の馬が粘っていたものの、それを交わして先頭に立ち、後続に2馬身差をつける勝利を飾った。

 一昨年の4月にデビューしたものの大敗。そのまま11カ月後に中央から園田に転籍し、転籍2戦目で初勝利。4歳シーズンのすべてを園田で走り、今年初戦も園田で勝利を挙げると、中央に再転入。そこから怒濤の3連勝でオープン入りを果たした。

 好走例のある当該レースからの参戦ではないという点が引っかかるが、今年初戦の園田のレースを含めると目下4連勝中。この勢いは見逃せないだろう。


「○」は13番アシャカトブを挙げる。

 前走はマリーンS(OP)。内枠から好スタートを切って、3番手につける積極策で追走。逃げたペプチドナイルを捉えられず、後ろから来た馬に交わされて4着に敗れた。

 昨秋にオープン特別を勝った後、武蔵野S(G3)は8着と見せ場がなかったものの、今年初戦は3着、続く前走も4着と好調期に入ってきたように見える。近4走で3戦の手綱を取っている丹内祐次騎手の継続騎乗も好材料。マリーンSの上位馬が続いて好走するケースが多いのだが、ここで巻き返した例もある。その一発に期待してみたい。

「▲」も穴馬12番ルコルセールを推す。

 こちらも前走はマリーンSで、スタートで出遅れたものの4番手につけて追走。逃げ馬を捕まえに上がり2位の脚で追いかけたものの、差を詰められず2着となった。昨秋にようやく3勝クラスを勝ち上がると、今年走ったオープン特別4戦はいずれも掲示板内と走りが安定してきている。

 今年の安定した走りっぷりと、マリーンS2着からの好走例も多いので、そこで外す理由もない。人気がなければ馬券妙味もあり、押さえる価値は十二分にあるだろう。


「△」は3番ペプチドナイルと9番シルトプレの2頭を挙げる。

 ペプチドナイルも前走はマリーンSで、速めのペースを作り出して先頭を譲らず、直線では後続を3馬身半離して勝利した。

 今年早くも5戦目となり、2走前から6週間で3走という結構過酷なレース間隔で使われているため、勢いは間違いないと思うが見えない疲れがあって凡走、というケースも考えられなくもない。また、過去にも3連勝後に3着、2着と連勝が途絶えたことがある。

 ここは人気にもなっているので消極的に押さえまで、という感じである。

 シルトプレの前走は巴賞(OP)で、スタートから4番手に位置取る積極策で追走するも、直線に向くと見せ場もなくしんがり負けを喫している。

 唯一の地方馬の参戦であり、道営では14戦8勝と優秀な成績を挙げている。さらに言えば、14戦中馬券圏外は2回、その2回も掲示板は確保しているので、ここまで大敗したことがない、まさに「道営の雄」なのである。前走の大敗を除くと近5走で2勝2着2回と申し分ない成績。

 前走はデビュー以来初の芝ということで、結果的に芝が合わなかったということなのだろう。度外視して考えていい。4歳になって地方ではなく、いきなり中央の重賞に参戦とハードルは決して低くはないだろうが、馬券圏内なら十分考えられる戦績である。それもあって押さえてみたい。


 人気どころでは6番セキフウを切り。

 セキフウは前走マリーンS3着、2走前の大沼S(L)2着と、これまでの成績から考えると北海道シリーズで息を吹き返した感がある。ただ、ペプチドナイルの項でも触れたが6週間で3走という過酷なローテーションの中で、惜しい競馬が続いてきたということは、ここでお釣りがない可能性がある。こちらは黙って消しでいいだろう。

 ということで、今回は3番、4番、9番、12番、13番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気馬を押さえているが、人気が割れそうなので順当に来ても案外美味しい配当にありつけるのではないか。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【エルムS(G3)予想】人気のペプチドナイルは押さえまで、実績の割に人気のない穴馬を狙い撃ち!雨天での一波乱に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光