GJ > 競馬ニュース > 急遽の代打・北村宏司騎手に「最高級の栄誉」
NEW

武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙

【この記事のキーワード】, ,
武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙の画像1
北村宏司騎手 撮影:Ruriko.I

レガレイラの「鞍上」が決定

 11日、昨年のホープフルS(G1)の勝ち馬で皐月賞(G1)に出走するレガレイラ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)の鞍上が北村宏司騎手に決まった。所属するサンデーレーシングの公式ホームページで発表されている。

 主戦のC.ルメール騎手が先月のドバイワールドカップデーで落馬負傷したため、鞍上が注目されていたレガレイラ。皐月賞の出走馬と枠順が正式決定するこの日を迎え、ようやく代役が決まった格好だ。

「ルメール騎手が落馬負傷したのが先月30日、チェルヴィニアに騎乗予定だった先週の桜花賞(G1)では、短期免許で来日中のB.ムルザバエフ騎手が空いていたため比較的あっさり決まった印象でしたが、有力ジョッキーが軒並み埋まった皐月賞では陣営も苦労したと思います。

レガレイラといえば、牝馬ながらに昨年のホープフルSを勝った世代のトップホース。ここ数年でもサートゥルナーリアやコントレイルが、ここと皐月賞を連勝しているだけに、この馬が1番人気になっても不思議ではないほどの大物です。それだけ代役選びにも慎重にならざるを得なかったでしょうし、ギリギリの発表になったのも陣営が最後まで様々な可能性を追っていたからでしょう。

そんな中、レガレイラの1週前追い切りに騎乗していたのが北村宏騎手です。“滑り止め”というか、押さえのジョッキーといえば聞こえは良くないかもしれませんが、逆にいえば北村宏騎手が控えていてくれたからこそ、陣営もギリギリまで可能性を追えたという事実もあります。いずれにせよ北村宏騎手にとっては先週に引き続き、大きな勝負レースになりました」(競馬記者)

1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙

 記者がそう話した通り、北村宏騎手といえば先週の桜花賞で1番人気のアスコリピチェーノに騎乗。結果は惜しくも2着だった。もし、今週の皐月賞でレガレイラが1番人気に推されれば「牡馬・牝馬のクラシック開幕戦で1番人気に騎乗」という快挙になる。

 ちなみに前回「桜花賞、皐月賞共に1番人気馬に騎乗」したのは、2016年のルメール騎手だ。2歳女王メジャーエンブレムに騎乗した桜花賞で4着、サトノダイヤモンドに騎乗した皐月賞では3着とあと一歩及ばなかったが、後に前者はNHKマイルC(G1)、後者は菊花賞(G1)と有馬記念(G1)を勝利している。

 その前は2014年の川田将雅騎手。ハープスターで挑んだ桜花賞を勝利し、トゥザワールドで挑んだ皐月賞でも2着と連対を確保。連勝とはいかなかったが、1番人気の面目を保つ好騎乗だった。

 また、こういった記録に必ずと言って良いほど名が挙がる武豊騎手も「アドマイヤ軍団」で2006年に経験済み。こちらはアドマイヤキッスの桜花賞で2着、アドマイヤムーンの皐月賞で4着だった。

 1997年の松永幹夫騎手(現・調教師)の名を挙げることができれば、相当な競馬通ではないだろうか。キョウエイマーチの桜花賞では2歳女王メジロドーベルを撃破、皐月賞のメジロブライトは4着だった。

 以上、1984年のグレード制導入以降で4例しかないレアな記録だが、意外にも桜花賞と皐月賞を連勝はなかった。

 北村宏騎手には極めて大きな期待と重圧がかかる2週間だが、これだけジョッキー冥利に尽きることもそうはない。経験豊富なベテランジョッキーの手腕は、牡馬クラシック開幕戦の大きな注目ポイントになりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題