GJ > 競馬ニュース > 「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!?
NEW

皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由

【この記事のキーワード】, ,
皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由の画像1
J.モレイラ騎手 撮影:Ruriko.I

絶好調のモレイラ騎手に隠された事情?

 13日、阪神競馬場で行われたアーリントンC(G3)は、1番人気のディスペランツァ(牡3歳、栗東・吉岡辰弥厩舎)が勝利。前走に続く連勝でNHKマイルC(G1)の有力候補に躍り出た。

「本当にいい馬です。ジョッキーの仕事がやりやすかったです」

 ディスペランツァの鞍上「マジックマン」ことJ.モレイラ騎手の快進撃が止まらない。先週から短期免許で参戦した同騎手だが、いきなり阪神牝馬S(G2)をマスクトディーヴァで、桜花賞(G1)をステレンボッシュで勝利する土日重賞ジャック。さらに、この日のアーリントンCを勝ったことで、重賞騎乗機会3連勝となった。

「マスクトディーヴァが1番人気、ステレンボッシュが2番人気、そしてディスペランツァが1番人気と『人気馬ばかりに乗っている』と言われそうですが、それをしっかり勝たせることが如何に難しいかは関係者はもちろん、多くの競馬ファンが知るところでしょう。

特に、この日のディスペランツァは前走の勝ちっぷりが良かったとはいえ、まだ1勝クラスを勝ち上がったばかり。1番人気になったのは“モレイラ人気”もあるでしょうし、ゴール前の迫力ある剛腕ぶりは、まさにこの騎手の真骨頂。今回の勝利で、明日の皐月賞(G1)のコスモキュランダもますます人気を集めるでしょうね」(競馬記者)

 これまで何度も短期免許で来日しており、日本の競馬ファンにとってもお馴染みのモレイラ騎手。しかし、春のクラシックシーズンの参戦は初で本人も「より楽しみ」と意気込んでいるが、その裏には「明確な狙い」があるようだ。

温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由

「実はこのままだとモレイラ騎手は、来年以降の短期免許が認められない状況になっています。

これまでは香港のトップジョッキーとしてリーディングの条件をクリアしていたのですが、昨年はブラジルを拠点に豪州などの世界各国で騎乗するなど、今はいわば根無し草のような状態。過去2年で凱旋門賞(仏G1)などのJRAが定める外国競走2勝以上という条件もクリアできていませんし、このままだと来年以降の短期免許は絶望的です。

そんな中で浮上したのが『過去2年でJRAのG1・2勝以上』という第3の条件。つまり、モレイラ騎手が今回の短期免許の期間中にJRA・G1を2勝できれば、来年以降も問題なく日本で騎乗できるというわけです。

実際に、モレイラ騎手は先週の桜花賞を勝利して、条件クリアへリーチが懸かっている状況。明日(14日)の皐月賞をコスモキュランダで勝利して、あっさりと来年以降の短期免許の権利をゲットできる可能性もあります。

また、仮に皐月賞を敗れても阪神牝馬Sを勝ったマスクトディーヴァはヴィクトリアマイル(G1)でも最有力候補の一角になるでしょうし、この日のアーリントンCで勝利に導いたディスペランツァも、これでNHKマイルCへの道が大きく開けました。

調子は見ての通り絶好調ですし、本来なら最大のライバルになるはずだったC.ルメール騎手も不在。限られた期間でJRAのG1・2勝は簡単な条件ではありませんが、今のところモレイラ騎手の前途は非常に明るいと言えるでしょう」(競馬記者)

「G1のレベルでもやれる馬だと思います」

 アーリントンCの勝利騎手インタビューでそう相棒のディスペランツァを評価し、先を見据えたモレイラ騎手。これで来日してから4勝目となったが、その内重賞で3勝と普段は温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している。

 ちなみに今回、モレイラ騎手は短期免許の2か月すべてを使い切る予定で、期限は安田記念(G1)後の6月5日まで。来年も日本で「雷神」の姿を見ることができるか――。モレイラ騎手の“勝負駆け”は、すでに始まっている。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”