GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチンコニュース > 故障?故意?…「出玉カットの噂」があったパチンコ店
NEW

故障?故意?…「出玉カットの噂」があったパチンコ店

【この記事のキーワード】, ,

故障?故意?…「出玉カットの噂」があったパチンコ店の画像1

ジェットカウンターの出玉カットに遭遇!?

 時は1990年代。パチスロは既に4号機時代であったが、爆裂AT機やストック機の登場はもう少し先の話だ。パチンコは初代『CR大工の源さん』等に代表される確変2回ループの爆裂機が大人気だった頃だろうか。

 かつて私の地元には、色々と噂の絶えないホールが存在した。比較的出玉状況は良好。パチンコブームという時代背景もあってか、中々の繁盛ぶりであったのだが…。

 一部の常連の間で囁かれていたのが「パチンコ計数機の出玉カット」の噂。

 大量の出玉を流し計数した際に、「思っていたよりも出玉の個数が少ない」と感じるユーザーが多かったのだ。最近の台は液晶に出玉の獲得個数も表示されるが、当時の台にそんな便利なモノはなし。

 大当り時の出玉もラウンド振り分け等はなく、約2000発固定のような台が大半だった。そのため、連チャン後に即ヤメした時などは獲得出玉の把握も容易かったのだ。しかし、それでも合致しないことが多々あるというのだから腑に落ちない。

真実を知るべく作戦を決行

 そこで私と友人を加えた3人で“ある計画”を実行。それは、一定量のパチンコ玉を借りてそのままジェットカウンターに流すという単純なものだった。

 3人並びで座り両サイドの2人は普通に遊技。真ん中の1人がひたすら貸し玉ボタンを押していくという感じである。「おそらく少量ではカットされない」ということが何となく分かっていたので、その時はジャスト1万発の出玉を借りたのであった。

故障?故意?…「出玉カットの噂」があったパチンコ店の画像2 一杯になったドル箱は、両サイドの2人が店員に気づかれないように下ろしていくという段取り。これくらいなら気づかれないだろう。そして1万発を出しきり、いよいよ交換をすることにしたのだが…。

緊張の瞬間! 衝撃の結末! 

 何とジェットカウンターのデジタルに表示された出玉の個数はピッタリ9500個。5%分も足らないことが判明したのだ。「本当にこんなことがあるのか?」とショックだったが、特に行動は起こさなかった。

 それが店側の故意なのか、それとも計数機の不具合などによるものなのかも分からなかったし、店側に申し出るのも様々な理由から躊躇させられたからだ。

 その後は事実を他の誰にも話すことはなく、そのホールに行くこともなくなった。相変わらず、しばらくは繁盛しているようだったが。

 それにしても、もしこれが店側の故意による出玉カットだったのであれば出玉が良好だったのも納得だ。1度の出玉カットが数百発だったとしても数十人、数百人が交換すれば大きな額になっていく。

 それが1ヶ月、1年にもなると、本当に馬鹿にできない額になることは明白なのだ。

 今になって思うと、よく危険を冒してまで試してみたものだと思う。ただ、結局のところ「計数機の故障なのか」「意図的な出玉カットだった」かは判明していない。当時は割とよく耳にした出玉のカット事案。現在はないだろうが、あまり思い出したくない案件である。

オーハナB

オーハナB

元ホール店員、店長経験者。パチンコ店の裏側で起きた出来事や、人間関係を題材にしたコラムを担当している。過去に話題になった業界ネタなど、時代背景を感じる記事も作成中。自身の思い入れのあるシリーズの動向にも熱い視線を注ぐ。

故障?故意?…「出玉カットの噂」があったパチンコ店のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ
  • パチマックス
  • 総合