NEW

オークス(G1)「終わってみれば簡単」のオチに要注意!? 気付いていれば先週は1点で的中も…唯一「リバティアイランドより切れた」馬が赤丸急上昇

【この記事のキーワード】, ,
オークス(G1)「終わってみれば簡単」のオチに要注意!? 気付いていれば先週は1点で的中も…唯一「リバティアイランドより切れた」馬が赤丸急上昇の画像1
ソングライン 撮影:Ruriko.I

 先週末のヴィクトリアマイル(G1)は、戸崎圭太騎手の4番人気ソングラインが、懸命に粘り込みを図る3番人気ソダシをアタマ差交わして優勝。3着に1番人気スターズオンアースが入る順当な決着に終わった。

 昨年の二冠牝馬が人気を集めたとはいえ、勝ち馬のソングラインは昨年の安田記念(G1)を牡馬相手に優勝した実力の持ち主。2着のソダシも昨年のヴィクトリアマイルを制した馬だったのだから、頭を悩ませたのも結果的に徒労だったような気がしてならない。

 また、3着に敗れたスターズオンアースにしても、C.ルメール騎手が「マイルのスペシャリストが相手では分が悪い」「この馬は2000m以上が合っています」と振り返っていたように距離が短かったのだろう。

 ただ、終わってみればこの結果は、あまりにも「簡単過ぎた」ように感じられるのは気のせいだろうか。

 ヴィクトリアマイルに出走した馬の中で、G1勝ち実績を持っていた馬は、3勝しているソダシ、2勝のスターズオンアース、1勝のソングライン(今回のVMで2勝目)、スタニングローズの4頭しかいなかった。能力の極限まで要求されるG1の舞台だけに、底力が明暗を分けたともいえよう。何も考えずにこのまま購入したなら、3連複1点で的中も夢ではなかったはずだ。

 この中でマイルG1、東京コースのG1を未勝利だったのはスタニングローズのみ。本馬に関しては、スターズオンアース以上に中距離寄りのタイプ。スピード重視のマイル戦で追走に苦労するシーンも見られた。

 前哨戦のパフォーマンスを評価されたナミュールについては、スタート直後に内側に斜行したソダシの影響で痛恨の不利を被った事情もあって7着に敗戦。もしスムーズなレースが出来ていればと思いもするが、仮定の話をしても虚しいだけである。

オークス(G1)「終わってみれば簡単」のオチに要注意!? 気付いていれば先週は1点で的中も…唯一「リバティアイランドより切れた」馬が赤丸急上昇の画像2
ラヴェル 撮影:Ruriko.I

 ヴィクトリアマイルで不完全燃焼に終わったナミュールの無念を晴らすべく、密かに爪を研いでいるのが、21日のオークス(G1)に出走を予定しているラヴェル(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 本馬の母はナミュールと同じくサンブルエミューズである。ハービンジャー産駒の姉に対し、こちらはイクイノックスやソールオリエンスらの活躍でブレイク中のキタサンブラック産駒。断然人気が確実視されるリバティアイランドはドゥラメンテ産駒だが、ラヴェルも血統的な魅力は引けを取らないはずだ。

 その一方で、両馬の人気については大きな隔たりもある。阪神ジュベナイルF、桜花賞とG1を連勝したライバルに対し、ラヴェルはいずれも11着と連敗中。惨敗続きに2頭の勝負付けはとっくに終わっていると考えるファンも少なくないだろう。

オークス(G1)「終わってみれば簡単」のオチに要注意!? 気付いていれば先週は1点で的中も…唯一「リバティアイランドより切れた」馬が赤丸急上昇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「遅れてきた大器」が秋の逆転に好発進…シュネルマイスター凌ぐ32秒7の切れ味にC.ルメールも手応え十分、敗れた相手も「今日は相手が悪かった」
  2. 幸運の「○番人気」はそろそろ無視できない?直近1カ月でG1を3勝、重賞5勝…の大活躍
  3. 武豊「絶賛の嵐」で川田将雅&池添謙一にとばっちり!?「これ見ると、武豊のすごさがわかる」大好評のジョッキーカメラでまさかのアクシデント
  4. 「悲しいです」悲運の“裏切り女王”の遠い春…G1で1番人気2回、2番人気2回、3番人気1回「大器」の待たれる完全燃焼
  5. 武豊が立ちはだかる無敗の三冠、今年のジャパンダートダービー(G1)は「史上空前」のハイレベル濃厚…「賞金5割引」の栄誉はラッキーかアンラッキーか
  6. 「追い切り代わり」のノーステッキ大楽勝、ソングライン凌ぐ瞬発力! グランアレグリアやサリオスもデビューした注目舞台に来年のクラシック候補が早くも登場
  7. 宝塚記念(G1)父キタサンブラックも惨敗…イクイノックスに降りかかる「不吉データ」とは
  8. 「やってしまった」絶好調D.レーンに迫る暗い影…JRA「新ルール」に適応できず、来年の日本参戦を懸けた薄氷のラストウィークへ
  9. 「またマイルで頑張りたい」武豊の言葉に別れの予感…ジェニュイン、ダイワメジャー、カンパニーが歩んだローテも急浮上? 「父子の絆」でコンビ再結成もあるか
  10. 「あの武豊が乗ってくれます。信じられません」まさかのサプライズに祝福の嵐!「身の程知らずとは私のこと」から大逆転…発端は超大物オーナーの鶴の一声