GJ > 競馬ニュース > 宝くじより朝日杯FS!冬ならではの“2歳G1は宝の山”!グランアレグリアの波乱再び、危険な人気馬シュトラウスは消しか?
NEW

宝くじより朝日杯FS!冬ならではの“2歳G1は宝の山”!グランアレグリアの波乱再び、危険な人気馬シュトラウスは消しか?

宝くじより朝日杯FS!冬ならではの2歳G1は宝の山!グランアレグリアの波乱再び、危険な人気馬シュトラウスは消しか?の画像1
素質馬が揃ったが混戦模様。朝日杯FSはチャンピオンズCに続く大波乱?

■最高の万馬券情報で朝日杯FSは一攫千金のチャンス

 師走になればさまざまな出費が増え、誰もが懐事情に頭を悩ませるもの。それを補うのが、サラリーマンにとって頼みの綱である冬のボーナス、あるいは一発逆転を狙う年末ジャンボ宝くじであろうか。だが宝くじは、その1等当せん確率が2000万分の1という狭き門。ネット上で当せんストーリーを目にすることはあるが、その恩恵を受けられる人は極わずか。ではどうすればこの冬を乗り切ることができるのだろうか。その答えは今週末にJRA阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティS(G1)にある。

 「競馬って難しそう…」と思う人もいるだろう。だが競馬は20歳以上であれば誰でも馬券が購入でき、今やスマートフォンのおかげで、ディズニーランドでも電車の中でも食事中でもデート中でも馬券が買えるという優れもの。しかもJRAの最低購入金額は100円だから、年末ジャンボの300円より手軽で夢を託しやすいといえる。

 朝日杯FSはJRAの2歳マイル王者を決めるG1レース。過去の優勝馬には三冠馬ナリタブライアン、武豊騎手とともに日本ダービー(G1)を制したドウデュースなど名馬がズラリ。一方、過去10年で8回も万馬券決着となり、2016年には100円の馬券がおよそ22万円となる特大の22万馬券も飛び出している。この秋JRAではチャンピオンズC(G1)で190万馬券が飛び出すなど、難解なレースが続き波乱続出。しかも絶対王者イクイノックスが引退したこともあり、群雄割拠の戦国時代に突入、馬券も荒れ具合となっている。

 その流れで行われる朝日杯FSは、100円が数万円になって戻る万馬券決着が必至といえる状況。だがそれを狙って的中させるのは簡単なことではない。そこで、日本競馬最強の万馬券ハンターとして知られる「暴露王」を紹介しよう。

 今年で創業19年の歴史を持つ暴露王は、年間300本以上の万馬券を毎年の公約に掲げ、継続して達成しているという驚くべき実績、そして実力を持つ有数のプロ集団。日本全国を探しても、年間300本以上の万馬券を的中している予想家や競馬記者など聞いたことがないだろう。そんな競馬界の常識を超越する暴露王は、数あるJRAのG1レースで2歳戦を得意としており、この朝日杯FSは過去に451倍や380倍といった万馬券を連発。2018年は1番人気ながら3着に敗退した名馬グランアレグリアを『危険な人気馬』と断じ、9番人気2着クリノガウディーを本命に万馬券を的中させている。

 さらに2021年の阪神ジュベナイルF(G1)では3連単11万4300円、3連複1万6850円、馬単1万6540円と夢のトリプル万馬券をズバリ。ここでも8番人気ながら2着に激走したラブリイユアアイズを本命に万馬券を的中と、あらためてその実力を世に知らしめた。今年に入っても2歳戦を含め多くの万馬券を的中、すでに年間300本のノルマを上回る305本の万馬券を仕留めているのだ(12/3現在)。この勢いに乗らない手はない。

宝くじより朝日杯FS!冬ならではの2歳G1は宝の山!グランアレグリアの波乱再び、危険な人気馬シュトラウスは消しか?の画像2
競馬ファンならこんな万馬券を的中させたいもの

 今年の朝日杯FSは東京スポーツ杯2歳S(G2)優勝馬シュトラウス、デイリー杯2歳S(G2)優勝馬ジャンタルマンタル、札幌2歳S(G3)優勝馬セットアップ、小倉2歳S(G3)優勝馬アスクワンタイム、さらに2戦2勝のエコロヴァルツやダノンマッキンリーなどが出走を予定。しかし傑出した実力馬は不在で、一般的なマスコミや競馬ファンでは激走する穴馬を見極めるのは困難を極めるだろう。

 しかし暴露王はすでにこの朝日杯FSで買うべき【2頭の穴馬】をスクープしているとのこと。その穴馬は、暴露王が的中させた朝日杯FSの前哨戦であるデイリー杯2歳Sで、8番人気ながら2着に好走したエンヤラヴフェイスのような【マスコミがノーマークの穴馬】。しかも【今年的中させた38万馬券を超える手応え】とも語っており、特別ボーナス獲得の期待はますます高まっている。

 かつてグランアレグリアの敗退を予見して万馬券を的中させた暴露王が、当時入手していた情報。そして今年の朝日杯FSに出走する危険な人気馬、さらに彼らが注目する買うべき穴馬について以下のように語っている。

「グランアレグリアはデビュー前から評判の高い馬でしたが、朝日杯FSの前走で出遅れるなど若さがあり、また経験の浅さから阪神への輸送も懸念されていました。ここだけの話、輸送後の雰囲気も今ひとつで、厩舎の士気も下がっていたのです。『将来性は高く先々は活躍するが、前走のように出遅れても勝てるほどG1は甘くない。阪神JFではなく朝日杯FSを選択したのは間違いだったのでは』という情報もあり、1.5倍の断然人気でしたが、危険な人気馬という評価でした。

 今年の朝日杯FSにも、同様の危険な人気馬がいます。それがグランアレグリアと同じノーザンファームの生産馬シュトラウスです。デビュー戦で騎乗したD.レーン騎手が『ノーコントロール。次は乗りたくない』とコメントし、C.ルメール騎手は『もう少し勉強が必要』、J.モレイラ騎手も『正直コントロールが難しい馬』と酷評。今回はT.マーカンド騎手が騎乗しますが、乗り替わりだけでなく初の関西輸送に右回りと課題が多く、難しいレースになるでしょう。

 一方、我々が提携する凄腕記者から入手した穴馬は、過去に勝負して激走した穴馬と同様の状況にあり、他馬にあるような不安は感じられません。陣営も鞍上もかなりの手応えを掴んでおり、必ず馬券に加えていただきたい馬です」(暴露王スタッフ)

 これは必見の情報といえそうだ。これまでも高額万馬券を山のように的中させてきた暴露王が、これほどの自信を見せるのである。どれほどの穴馬情報を入手したのか、気にならないファンはいまい。

 暴露王がこれほどの情報を入手できる秘密は、彼らが提携するJRAの東西トレーニングセンターで取材活動を行う凄腕記者の存在がある。彼らは穴馬の発掘にすべてをかけ、馬券で生活するほどの逸材。彼らが入手するのはスポーツ紙や競馬専門紙、テレビやラジオで公表できないような情報ばかり。そんな情報を暴露王は独占的に入手し、規制が解かれたレース当日にファンへ向けて公開している。

宝くじより朝日杯FS!冬ならではの2歳G1は宝の山!グランアレグリアの波乱再び、危険な人気馬シュトラウスは消しか?の画像3
38万円を含むトリプル万馬券を的中!この感動が朝日杯FSで再現か

 当然のことながら、G1レースである朝日杯FSは特に力が入っており、このレースにかけた労力と時間は相当なものだという。その情報はシュトラウスのような危険な人気馬、そして万馬券を演出する2頭の穴馬などであり、誰もがその情報を必要とするはず。この点に関しても暴露王は、素晴らしい決断を示してくれた。

「朝日杯FSは暴露王にとって相性のいいレースの一つといえます。過去に何本もの万馬券を的中させていますが、今年は最高配当更新の可能性も秘めています。具体的な情報内容はここでは明かせませんが、関係者から公開の許可が下りるレース当日に、ファンの皆様へ無料で公開させていただきます。ぜひこの情報を参考にして、週末の朝日杯FSで一攫千金を狙ってください」(暴露王スタッフ)

 なんと、万馬券の的中が期待できる貴重な穴馬情報を【完全無料】で提供してくれるというのだ。しかも提供内容にも驚かされた。朝日杯FSで買うべき【2頭の穴馬情報】に加え、買うだけで万馬券が狙える【3種馬券買い目(3連単・3連複・馬単)】もあるのだ。つまりどんな組み合わせを買えばいいのか悩むことなく、万馬券を狙うことが可能なのである。これは年末ジャンボ宝くじを吹き飛ばす、最高の一攫千金チャンスといえそうだ。

 暴露王は今年305本の万馬券を的中させているが、この朝日杯FSを含め年末までに何本の万馬券を上積みするのか興味深い。特に来週末に行われるグランプリ有馬記念(G1)は、競馬ファンでなくとも誰もが的中させたいレースに違いない。まずは今週末の朝日杯FSで歓喜の万馬券を的中させよう。そしてその払い戻しを元手に、来週の有馬記念でも暴露王の穴馬情報を活用し、さらなる臨時ボーナスを手に入れようではないか。

CLICK→特別無料公開!【朝日杯FS「3連単・3連複・馬単の買い目と直前穴馬情報!」】暴露王

※本稿はPR記事です。

宝くじより朝日杯FS!冬ならではの“2歳G1は宝の山”!グランアレグリアの波乱再び、危険な人気馬シュトラウスは消しか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」