GJ > 競馬ニュース > デビュー4戦3勝、重賞制覇目前で武豊に乗り替わり…師弟コンビが「あの実力馬」を彷彿とさせる逸材で新馬戦を快勝
NEW

デビュー4戦3勝、重賞制覇目前で武豊に乗り替わり…師弟コンビが「あの実力馬」を彷彿とさせる逸材で新馬戦を快勝

【この記事のキーワード】, ,
デビュー4戦3勝、重賞制覇目前で武豊に乗り替わり…師弟コンビが「あの実力馬」を彷彿とさせる逸材で新馬戦を快勝の画像1
木幡巧也騎手

 23日、中山競馬場の6Rに行われた2歳新馬戦(ダート1800m)は、4コーナーで先頭に立った木幡巧也騎手とウィンドフォール(牡2歳、美浦・牧光二厩舎)のコンビが、後続に2馬身半差をつけて快勝した。

 ウィンドフォールは好スタートから抜群の先行力を見せると、道中は2番手をがっちりキープ。抑えきれないような手応えで4コーナー早くも先頭に躍り出ると、最後の直線でも力強く脚を伸ばし、堂々と押し切っている。

「4角先頭だったにもかかわらず、上がり3ハロンはメンバー最速タイとなる37秒7をマークは大したものです。スタートからゴールまでセンスの良さが垣間見える走りで、今日のところは文字通りの完勝でした。

勝ちタイムの1分54秒4は、今年行われた中山ダート1800mの2歳新馬戦でナンバーワン。かなりの逸材ではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 騎乗した木幡巧騎手もレース後、「これからの馬ですが、良い勝ち方ができました」と、発展途上ながらも完勝を決めたパートナーを評価。管理する牧調教師は「(適性は)この辺じゃないですかね」と話しており、これからダートの中距離路線を賑わせてくれる1頭となりそうだ。

 なお木幡巧騎手と牧厩舎の師弟コンビ、ダート中距離の大器といえば、思い出される馬が1頭いる。今年の3歳ダート路線を賑わせたミトノオーだ。

デビューから4戦3勝の好成績も武豊騎手に乗り替わり…

 ミトノオーと木幡巧騎手は3月の伏竜S(OP)を制するなど、デビュー戦からタッグを組み続け4戦3勝の好成績だった。2戦目のオキザリス賞(1勝クラス)こそ11着に敗れたものの、向正面で致命的といえる不利があった。それ以外はほぼ完璧に乗りこなしており、5月の兵庫チャンピオンシップ(G2)で最有力候補と目されていた。

デビュー4戦3勝、重賞制覇目前で武豊に乗り替わり…師弟コンビが「あの実力馬」を彷彿とさせる逸材で新馬戦を快勝
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 しかし、同レースでは武豊騎手に乗り替わりが決定。木幡巧騎手もミトノオーでしっかりと結果を残していたのだが、これにはオーナーサイドからの強い要望があったと言われている。

「牧調教師は当然、弟子である木幡巧騎手の続投を希望していたものの、話し合いの末、最終的には折れたようですね。

いつもは厳しい師匠である牧調教師ですが、このときばかりは木幡巧騎手に『弟子を乗せ続けられない情けない調教師ですまない』と謝罪したとも言われています」(同)

 武豊騎手を背に兵庫CSを6馬身差で逃げ切ったミトノオーは、続くジャパンダートダービー(G1)でも3着に健闘。先月の浦和記念(G2)でもハナを奪い2着に好走するなど重賞戦線で活躍しているが、今日まで木幡巧騎手の元に手綱は戻ってきておらず、この先もコンビ再結成は不透明である。

 そんな厩舎の先輩を彷彿とさせるような力強い先行力を武器に、デビュー戦白星を決めたウィンドフォール。ミトノオーでは悔しい思いをした木幡巧騎手だったが、果たしてウィンドフォールとのタッグは、出世の階段をどこまで登っていけるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

デビュー4戦3勝、重賞制覇目前で武豊に乗り替わり…師弟コンビが「あの実力馬」を彷彿とさせる逸材で新馬戦を快勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑