GJ > 競馬ニュース > 大阪杯(G1)見据え「遅れてきた大物」が激突!? ジャックドール、ポタジェが制した出世レースに注目
NEW

大阪杯(G1)見据え「遅れてきた大物」が激突!? ジャックドール、ポタジェが制した出世レースに注目

【この記事のキーワード】, ,

大阪杯(G1)見据え「遅れてきた大物」が激突!? ジャックドール、ポタジェが制した出世レースに注目の画像1

 27日、東京競馬場の芝2000mで白富士S(L)が行われる。2年前に同レースを優勝したジャックドール、3年前に優勝したポタジェはその後、2頭ともに大阪杯(G1)を制覇しG1ホースの仲間入りを果たした。

 今年も2頭に続かんとばかりに期待馬が多数登録。中でも2頭の対決に注目が集まりそうだ。

 その内の1頭がロードデルレイ(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 同馬は父ロードカナロア、母デルフィーノ、祖母レディアーティスト、曾祖母レディバラードが全てロードホースクラブに所属していたという、まさに“ロード血統”の期待馬だ。

 昨年は新馬戦、つばき賞(1勝クラス)を連勝。約6ヶ月の休みを挟み復帰戦となった赤倉特別(2勝クラス)も制して破竹の3連勝を飾った。

 その後、4連勝を懸けて臨んだ神戸新聞杯(G2)では4着に敗れたものの、手綱を取った坂井瑠星騎手はレース後、「ベストはもう少し短いところでもいいのかもしれません」と、芝2400mが若干長かった旨のコメント。

 次走のウェルカムS(3勝クラス)では距離を2ハロン短縮し2馬身差の快勝。初騎乗となった川田将雅騎手も「素質のある馬です」と絶賛するなど、ここまで1800m~2000mでは余裕のある勝ち方を見せているだけに、同馬の走りに注目が集まりそうだ。

4連勝を挙げたシルバーステート産駒バトルボーン

大阪杯(G1)見据え「遅れてきた大物」が激突!? ジャックドール、ポタジェが制した出世レースに注目の画像2
バトルボーン 撮影:Ruriko.I

 そんなロードデルレイに対抗するのがバトルボーン(牡5歳、美浦・林徹厩舎)である。

 父にシルバーステートを持つ同馬だが、新馬戦で2着の後に4連勝を挙げたことで「父親と同じ戦績」と一躍話題を集めた。

 現役時代には“未完の大器”とも呼ばれ、脚部不安により惜しまれつつも引退した父・シルバーステート。バトルボーンは父が叶わなかった重賞制覇を目指して、前走の七夕賞(G3)に挑んだ。

 レースではスタートからハナを奪うも、1番人気ということもあって他馬からのマークも厳しくなり、4着に敗れた。しかし、鞍上の津村明秀騎手は「もっと上を目指せる馬」というコメントを残したように、まだまだ見限れない存在だ。

 今回はコンビ3戦3勝のC.ルメール騎手に戻っての一戦。2勝を挙げ、新馬戦では後に共同通信杯(G3)を制し日本ダービー(G1)でも1番人気に支持されるダノンベルーガに食い下がった舞台である東京・芝2000mで久々の勝利を挙げられるか。

 注目を集めそうな素質馬ロードデルレイとバトルボーンの対決。果たして白富士Sで勝利を挙げ、ゆくゆくはジャックドールやポタジェのように大阪杯へ名乗りを上げることができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

大阪杯(G1)見据え「遅れてきた大物」が激突!? ジャックドール、ポタジェが制した出世レースに注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か