GJ > 競馬ニュース > 【フェブラリーS】武豊「最多5勝」の得意レース!ゴールドアリュール、アグネスデジタル、カネヒキリら砂の王者がズラリ…あなたが選ぶ思い出の馬は?【読者アンケート】
NEW

【フェブラリーS】武豊「最多5勝」の得意レース!ゴールドアリュール、アグネスデジタル、カネヒキリら砂の王者がズラリ…あなたが選ぶ思い出の馬は?【読者アンケート】

【フェブラリーS】武豊「最多5勝」の得意レース!ゴールドアリュール、アグネスデジタル、カネヒキリら砂の王者がズラリ…あなたが選ぶ思い出の馬は?【読者アンケート】の画像1

 昨年からスタートした【GJ読者アンケート】ですが、こちらの予想をはるかに上回る多くのご投票をいただき、非常に大きな反響がありました。

 中でも特に関心を集めたのは、以前よりも確実にレベルアップが証明されたダート戦線の注目馬についてでした。この回ではミックファイアセラフィックコールに多くの支持が集まりましたが、その後のレースで2頭の連勝はストップ。今年に入っても無敗の快進撃の続くヤマニンウルス、オーサムリザルトを将来のダート最強馬候補に推す声も出始めています。

あなたが最も推すフェブラリーS優勝馬は?

 今月18日は、東京競馬場で今年最初のG1となるフェブラリーSが開催されますが、近年はダートでトップクラスの馬が海外に遠征するケースも増えてきました。その関係で上半期のダート王決定戦としての価値が下がりつつあるという側面もあります。

 ただ、今年に関しては芝から転戦する馬も複数参戦に名乗りを上げており、賞金面では大差をつけられているものの、同時期に行われるサウジC(G1)に負けない盛り上がりに期待出来そうです。

 ということで、今回はフェブラリーSに関するアンケートを選びました。1997年にそれまでのG2からG1に昇級したダートのマイル王決定戦。初代王者シンコウウインディは『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)にも登場して注目を浴びました。

 その他にも史上唯一、実はジャニュアリーだった99年の優勝馬メイセイオペラ、芝ダートの二刀流で両G1を制覇した2002年のアグネスデジタル、20年のモズアスコットや武豊騎手とのコンビが有名なカネヒキリ、ヴァーミリアン、コパノリッキーなど、豪華な顔ぶれとなっています。

武豊騎手のフェブラリーS優勝

2003年ゴールドアリュール
2006年カネヒキリ
2008年ヴァーミリアン
2015年コパノリッキー
2019年インティ

 あなたの最も推したいのは、どのフェブラリーS優勝馬でしょうか。当時のエピソードなども添えていただけると幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フェブラリーS】武豊「最多5勝」の得意レース!ゴールドアリュール、アグネスデジタル、カネヒキリら砂の王者がズラリ…あなたが選ぶ思い出の馬は?【読者アンケート】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材