GJ > 競馬ニュース > 【徹底考察】ラニ  > 4ページ目
NEW

【徹底考察】みやこS(G3) ラニ「この馬は間違いなく偉大なチャレンジャーだ。だが、『日本』で本当に強いのか、それとも……」

【この記事のキーワード】, ,

【血統診断】

 父Tapitは昨年の北米のリーディングサイアー。今年、本馬が3着したベルモントSを制したクリエーターなど、すでに数多くのG1馬を輩出しているが、日本では2012年のフェブラリーSを勝ったテスタマッタがいる。他にも短距離で活躍するタールタンなどがいるが、産駒の活躍は軒並みダートに偏っている。

 母ヘヴンリーロマンスは2005年の天皇賞・秋を勝った名牝。繁殖牝馬としてはしばらく結果が出なかったが、ここにきてアウォーディー(ジャングルポケット)、アムールブリエ(Smart Strike)、そしてラニと3頭連続で成功例を輩出。一気に名繁殖牝馬の仲間入りを果たした。

 半兄のアウォーディーはジャングルポケットの影響もあって芝もこなしたが、こちらは完全にダートに特化している模様。米三冠で9着→5着→3着と2400mのベルモントSで最も良績を挙げたのは、そこに狙いを定めて環境に慣らしていった陣営の手腕もあるが、やはり母方に流れるSadler’s Wells×Ribot×Dedicateが豊富なスタミナを伝えているからこそだろう。

 したがって、前走の東京2100mからスピード色が濃くなる京都1800mへの変化は血統的にはマイナスと述べざるを得ない。海外遠征前に重馬場のヒヤシンスSで5着に敗れたのは、体調面が本物でなかったこともあるが、スピード不足を露呈した可能性もある。ここは今後の日本での適性を占う上で重要な一戦になりそうだ。

【徹底考察】みやこS(G3) ラニ「この馬は間違いなく偉大なチャレンジャーだ。だが、『日本』で本当に強いのか、それとも……」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安