GJ > 競馬ニュース > 「3日で病院送り」のC.ホーが緊急帰国…予期せぬ落馬負傷で「V逸」続々、昨年優勝レパードS前に痛恨アクシデント
NEW

「3日で病院送り」のC.ホーが緊急帰国…予期せぬ落馬負傷で「V逸」続々、昨年優勝レパードS前に痛恨アクシデント

「3日で病院送り」のC.ホーが緊急帰国…予期せぬ落馬負傷で「V逸」続々、昨年優勝レパードS前に痛恨アクシデントの画像1
撮影:Ruriko.I

 昨年に続き今年も夏の新潟開催に合わせて来日していたC.ホー騎手。香港最強マイラー・ゴールデンシックスティの主戦としても知られる同騎手は、2022~23年シーズンの香港リーディング2位の名手だ。

 今年は7月22日から8月27日までの交付期間で騎乗を予定していたが、7番人気スコアに騎乗した29日の土曜新潟6Rメイクデビュー新潟(芝1200m)で4頭が被害に遭うアクシデントに巻き込まれて落馬。この影響により残りの騎乗予定馬はすべて他の騎手へと乗り替わり、日曜新潟の騎乗も見送ることとなった。

 アクシデントに遭遇したホー騎手は、身元引受調教師である安田隆行師によると「落馬の際に胸部を圧迫したことで、骨折(胸椎骨折の疑い)したようです」とのこと。この後は東京の病院で精密検査を受けたあと、香港に帰るようだ。

 まだ短期免許の交付期間は1ヶ月近く残っていただけに、来日してわずか3日というタイミングで早々に帰国となってしまったことは、ホー騎手の騎乗を楽しみにしていた関係者やファンにとっても残念な知らせである。

 その一方で日曜新潟の騎乗が叶わなかったホー騎手だが、騎乗を予定していた素質馬2頭が他の騎手で連勝するという“嬉しくない誤算”もあった。

予期せぬ落馬負傷で「V逸」続々…

 10R佐渡S(3勝クラス)で3番人気トゥデイイズザデイに騎乗した津村明秀騎手が好騎乗で勝利に導き、11Rアイビスサマーダッシュ(G3)でも9番人気オールアットワンスに騎乗した石川裕紀人騎手が、千直で不利とされる内枠から外に持ち出して鮮やかな差し切り勝ちを決めて優勝。どちらもホー騎手が騎乗を予定していた馬であり、もし無事にコンビが実現していたなら、2勝を上乗せしていたかもしれない。

「落馬負傷で乗れなくなったホー騎手には気の毒ですが、トゥデイイズザデイの津村騎手もオールアットワンスの石川騎手も、さすがと唸らせられる見事な手綱捌きでした。結果だけで判断すれば、“V逸”という見方もできなくはないですが、ここは最高の結果を残した津村騎手と石川騎手を褒めたいところですね。

ただこういった期待馬の騎乗を任されたホー騎手に対する関係者の評価の高さも伝わります。自身の不注意で発生したアクシデントではなく、避けようのない格好での戦線離脱ですから本人も悔しいでしょう。まずは無事に療養を終えて、また元気な姿を見せてくれること期待したいです」(競馬記者)

 8月6日に行われるレパードS(G3)は、ホー騎手が昨年7番人気のカフジオクタゴンでJRA初重賞勝ちを決めた好相性のレースだった。想定外のアクシデントによって、2年連続優勝のチャンスを失ってしまったことは非常に残念だ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

「3日で病院送り」のC.ホーが緊急帰国…予期せぬ落馬負傷で「V逸」続々、昨年優勝レパードS前に痛恨アクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?