GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】矢作芳人厩舎 秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配
NEW

皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配

【この記事のキーワード】, ,

皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の2番手に勝負気配の画像1

豪華3頭出しの矢作芳人厩舎

 10日、今週末に行われる皐月賞(G1、4月14日)に向けた共同会見が行われた。

 今年最も注目を集めたのは、何と言っても矢作芳人調教師。ホープフルS(G1)2着のシンエンペラー、若葉S(L)1、2着のミスタージーティーとホウオウプロサンゲという3頭出しは「さすが」の一言だが、当然会見も3倍増し……。1頭1頭、丁寧に答えていた師だったが、最後の方はさすがに食傷気味だったようだ。

 ここで気になるのが、矢作厩舎3頭に対する「師の期待値」ではないだろうか。

 実績的にはホープフルSの2着に加え、弥生賞ディープインパクト記念(G2)でも2着と安定した走りを見せているシンエンペラーが筆頭だ。やや勝ち味に遅い面があるものの11日現在の『netkeiba.com』における予想オッズでは、単勝1番人気に推測されている。

 だが、共同会見での矢作調教師の発言は終始辛口だった。

「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?

 前走の弥生賞ではコスモキュランダに足をすくわれる形で敗れたが「勝たなければいけないレースに負けた」と結果に満足していないことを強調。記者が「それでも最後は凄い伸び」とフォローしたが、「いやいや、勝たなきゃダメですよ」と切り捨てている。

 無論、そこには凱旋門賞馬ソットサスの全弟という世界的良血馬への期待の高さもあるが、矢作調教師が不満を感じる主な理由が「自分の求めているところには達していない」と語るシンエンペラーの成長スピードだ。

「良くなっては来ているが、まだ一気に上昇というわけではない」と決して成長力がないわけではないが、その具合に満足していない様子。兄ソットサスは仏ダービー馬だが、凱旋門賞を制したのは4歳の秋。シンエンペラーの本格化も古馬になってからということかもしれない。状態面は悪くないようだが、現時点の完成度でどこまでといった感触だった。

 また、若葉Sで2着だったホウオウプロサンゲについては「シンエンペラー以上に、まだ馬が若い」と、さらに晩成傾向にあることを強調。「3頭の中で一番奥手。次につながるレースをしてもらえれば」という締めくくりからも、今回は厳しい戦いになりそうだ。

 その一方、矢作調教師が「このレース(皐月賞)、ダービーと勝負だと思ってます」と力を込めているのがミスタージーティーだ。

 愛弟子の坂井瑠星騎手とのコンビでホープフルSで5着、共同通信杯(G3)7着と不完全燃焼に終わり評価を落としていたミスタージーティーだったが、藤岡佑介騎手に乗り替わって若葉Sを快勝。これには師も「ジョッキーが上手く乗った」と新コンビに手応えを感じているようだ。

 しかし、トライアルを快勝して優先出走権を掴んだものの「抜け出してから、もっと千切ると思っていた」とパフォーマンスには満足していない様子。先頭に立ってから気を抜いてしまったようで、最後は僚馬のホウオウプロサンゲに半馬身差まで食い下がられた。

皐月賞奪取へ「秘密兵器」導入!

 そこで陣営は浅めのブリンカーを導入することを決定。「集中力が増した」と効果を実感しており、レース本番でも着用する見込みだ。

 実はホウオウプロサンゲも集中力に課題があるそうだが、馬具の導入は「まだ時期尚早」と見送っている。この辺りも2頭の完成度の違いからくる判断なのだろう。

 言い換えれば、ぶっつけ本番のブリンカー導入はミスタージーティーにおける皐月賞への本気度の高さの表れとも言える。1週前追い切りでは、シンエンペラーと併せ馬。最後はほぼ同入だったが「手応えはシンエンペラーを上回っていた」そうだ。

 最後に「この馬の決め手は世代トップクラス。鋭い決め手を活かせるようなレースをしたい」と力を込めた矢作調教師。3頭とも期待の高い馬であることは間違いないが、成長度の具合から、最も完成が早そうなミスタージーティーは「ここが勝負所」と捉えているようだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは