GJ > 競馬ニュース > 【裏話】川田将雅騎手すら「予測不可能」のアクシデントが発生!?
NEW

【裏話】川田将雅すら「予測不可能」のアクシデントが発生!? シックスペンス陣営を襲った大誤算…国枝栄調教師の悲願はアロンズロッドに持ち越し

【この記事のキーワード】, ,
今年のダービー馬ダノンデサイル 撮影:Ruriko.I
今年のダービー馬ダノンデサイル 撮影:Ruriko.I

 横山典弘騎手が9番人気の伏兵ダノンデサイルとのコンビで最年長JRA・G1勝利を成し遂げた今年の日本ダービー(G1)。

 レースは逃げると目されていたメイショウタバルが左後挫石で出走を取り消したこともあり、前半1000m通過62秒2の超スロー。馬群が固まった中で後方待機策を選択した馬たちは進路の確保に四苦八苦。残り1000mが56秒8の激流では末脚自慢の差し馬に出番はなかったか。

シックスペンスは得意パターンのダービーでまさかの凡走

 そんな今年のダービーだったが、川田将雅騎手がコンビを組んだ3番人気シックスペンス(牡3、美浦・国枝栄厩舎)の9着に少々疑問を抱いたファンがいたかもしれない。

 本馬は前走のスプリングS(G2)を2着に3馬身半の差をつけて圧勝した実力馬だ。このレースも超スローで流れ、1000m通過のラップはダービーより遅い63秒1。メンバー最速の33秒3で突き抜けただけでなく、ラスト2ハロンで10秒9-10秒8の加速ラップを刻んで楽勝していた。

 むしろ超スローからの“ヨーイドン”は、前走のスプリングSと酷似する展開。シックスペンスの馬券を購入したファンも予想通りとなるはずだった。

 しかし、好スタートこそ決めたシックスペンスだが、道中で川田騎手が折り合いに苦心するシーンも見られ、得意なはずの超スローで消耗し、最後の直線でもはじけることなく終戦を迎えてしまったのである。

 こちらについてはレース後、川田騎手から「調教ではまったく見せていなかった力みが、返し馬で見られました。レースでもその通りの走りになってしまいました」というコメントが出ていたことからも、本来の実力を発揮することが出来なかったように映る。人馬にいったい何があったのだろうか。

陣営を襲った予期せぬアクシデント

予期せぬアクシデントに遭遇した川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I
予期せぬアクシデントに遭遇した川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

「川田騎手も力みが見られたと振り返った通り、ポジションを取りに行った際に掛かっていましたね。C.ルメール騎手から乗り替わったテン乗りの影響も少なからずあったように思います。ただ実はそれ以外にも陣営にとって大きなトラブルがあったみたいですよ。

というのも1週前追い切りに川田騎手が乗る予定だったのですが、水曜朝に美浦に向かう途中で車がパンクして到着できなかったんです。それで急遽、調教助手が代わりに追い切りで騎乗し、最終追い切りに川田騎手が騎乗することになったようです」(競馬記者)

 最近は1週前にしっかりと追い切って、当週は微調整程度というパターンも多く、シックスペンスも本来なら1週前に川田騎手で時計を出して、最後は調教助手で軽くというプランだった様子。ところが予期せぬアクシデントの発生で「逆パターン」になってしまった。

 実際のところは、どこまで影響したかは分からない。だがジョッキーが乗ると時計も出やすく、馬のテンションも上がりやすいと言われるだけに、大一番を前にさじ加減で誤差が出たという見方もできなくはない。

 そういう裏事情を把握した上で、「調教ではまったく見せていなかった力みが、返し馬で見られました」という川田騎手のコメントを見ると、シックスペンスの凡走と因果関係があっても不思議ではなさそうだ。

 競馬においては“完璧超人”といってもよさそうな川田騎手だが、さすがに車のパンクまでは予測できなかったか。

 アーモンドアイの初仔アロンズロッドを筆頭に2歳牡馬のラインアップが充実していると噂される国枝厩舎。ダービー制覇の悲願は来年のラストチャンスに持ち越されることになった。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【裏話】川田将雅すら「予測不可能」のアクシデントが発生!? シックスペンス陣営を襲った大誤算…国枝栄調教師の悲願はアロンズロッドに持ち越しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着