GJ > 競馬ニュース > 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。 ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 武豊×福永祐一厩舎、C.ルメール×木村哲也厩舎の期待馬が「直前回避」…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,

イメージ画像

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!

■無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは

ライター「A」:宝塚記念(G1)はブローザホーンが制覇。1番人気だったドウデュースは6着に終わりました。

デスク「Y」:いや、馬場がすごく悪かったねぇ。ドウデュース騎乗の武豊騎手ジョッキーカメラ映像がYouTubeで公開されているけど、すごいよ、これ。はい、どん。

ライター「A」:途中でカメラもピンボケしちゃっているし、芝も飛んでいるし。大変な状況だったんだなってのがすごくわかります。

デスク「Y」:こんな中でもパフォーマンスを発揮している騎手、競走馬には頭が下がるよね。やっぱり、私たちものんべんだらりんと仕事をしているのではなく、たまには極限状況に身を置いてやってみたほうがいいんじゃないだろうか?

ライター「A」:どんな?

デスク「Y」:まずは熱いお湯で体を清めた後に、熱風吹き荒れる部屋でしばし瞑想。その後、冷たい水を全身で被り、全裸で外に出て瞑想を再開。これを3セット。終わったら、着替えて大部屋に移動して読書。ある程度の時間が経ったら、今度は着衣のまま熱い風が出る部屋で瞑想。さらにお金に余裕があるときはマッサージも……。

ライター「A」:それっててめぇがたまに仕事サボって行ってるスーパー銭湯で、入浴→サウナ→水風呂→外気休憩。そして、入浴後は漫画を読みつつ、たまに岩盤浴するってやつじゃねぇか。なにが極限だ。

デスク「Y」:あれ? バレた? これ本当にいい感じなのよ。仕事のことを忘れられる。今度、一緒にどう?

ライター「A」:行きません!

 

■ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ

ライター「A」:ブローザホーンがエピファネイア産駒の牡馬として、初めて古馬でG1制覇を成し遂げました。

デスク「Y」:素晴らしいよねぇ。エピファネイアの種牡馬としての価値がさらに高まりそうだわ。それにブローザホーンって名前もいい。力強く腕を組んで力をためてから、両手を前に突き出して、叫びたくなる名前よね。ブローザホーン!!!!

ライター「A」:え? なんで?

デスク「Y」:え? なんで『聖闘士星矢』(集英社)の黄金聖闘士・アルデバランさまの必殺技「グレートホーン」を知らんの? ほら、一緒に、ブローザホーン!!!!

ライター「A」:ホーンしか共通点ないでしょ。

デスク「Y」:実は馬主さんが牡“馬”座のアルデバランの大ファンだったから、ブローザホーンって名前がついたってウワサが。

ライター「A」:アルデバランは牡牛座です! いろいろとデマを広めないでください。

デスク「Y」:『聖闘士星矢』といえば、かつて6人組から5人組になって活動した後に、今は解散しちゃった某男性アイドルグループが、ミュージカルに出ていたのよね。星矢、氷河、紫龍、瞬の4人がメインどころで、一輝を加えても役が足らんと思ってたけど、まさかあの人気メンバーが悪役に回るとはねぇ……。見たいんだけどなかなか映像媒体が見つからないんだよなぁ。あ、そういえば、君、何座?

ライター「A」:なにを言っとるんだ、さっきから。

デスク「Y」:ブローザホーン!!!! 批判はすべて跳ね返す!

ライター「Y」:やかましいわ!

 

■武豊×福永祐一厩舎、C.ルメール×木村哲也厩舎の期待馬が「直前回避」…競走馬が無事にデビュー戦までこぎ着けることの難しさ

ライター「A」:ルージュレアリーズ、プリモシークエンスといった期待の良血馬が新馬戦を回避したようです。

デスク「Y」:無事にデビューすることも難しい……。本当に厳しい世界だよなぁ。

ライター「A」:大事ではなさそうですので、しばし休んだ後に、2頭には万全の調子でデビューしてもらいたいです。

デスク「Y」:それだけ期待されて、大事にされているってことだよねぇ。私なんてちょっと休憩してスーパー銭湯行っただけでグチグチ言われてさぁ。あ〜あ、もっと大事にしてくれないかなぁ。

ライター「A」:大切にされているでしょうよ。そんなことしてもクビになってないんだから。そろそろヤバイって話ですけども。

デスク「Y」:まったまたぁ。なに言ってるのよ、あと15年はやるよ、私は。

ライター「A」:まぁ本人が思うだけは勝手ですからね。ただ他の人はどう思っているかはまた別……。

デスク「Y」:怖いこと言うねぇ(笑)。なに? 暑くなってきたから怪談とかしたくなっちゃったのかな? 私、意外と得意なのよ。三軒茶屋駅の近くのビルでは、白い手が空中に出てくるらしくってさ。すごくない? 行ってみたいんだよねぇ。競馬新聞を置いてこの手に馬を選ばせてみた! なんて企画とか恐怖と競馬をかけ合わせた夏にぴったりな企画なんだけども……。

ライター「A」:はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

デスク「Y」:ん? ロングブレスダイエットは今さらすぎない?

ライター「A」:ため息です! もういい。さて、毎度バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。
(構成=GJ編集部)

無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。 ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 武豊×福永祐一厩舎、C.ルメール×木村哲也厩舎の期待馬が「直前回避」…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も