GJ > 競馬ニュース > ディープインパクトか、サイレンススズカか、ナリタブライアンか。イクイノックスが「史上最強馬論争」に加わるには?【徒然なる神のくず競馬トーク】
NEW

ディープインパクトか、サイレンススズカか、ナリタブライアンか。イクイノックスが「史上最強馬論争」に加わるには?【徒然なる神のくず競馬トーク】

ディープインパクトか、サイレンススズカか、ナリタブライアンか。イクイノックスが「史上最強馬論争」に加わるには?【徒然なる神のくず競馬トーク】の画像1

「史上最強馬」

 宝塚記念が終わりましたね。イクイノックスはやっぱり強かった。今回はヘタしたら負ける展開と馬場だったと思いますが、着差は僅かと言えども勝ち切るところに価値があります。

 さて、現在のところイクイノックスが現役最強と考えていいと思うのですが(あくまでも今のところ)、それでは「史上最強馬か?」となると異論が出まくりでしょうね。

 ただ、私は史上最強馬候補に名を連ねるくらいには強いと思っています。

 競馬を始めてしばらくの間は、とにかく強い馬に魅せられてきたものです。今は「馬券馬券!ああ、馬券!!お金!!」となりがちな私ですが(笑)、その昔はもっと純でした。今でも最強馬論争とかは結構好きなんですけどね。

 では、皆さんが思う史上最強馬は何でしょうか?

 たまには、こんな話題もいいでしょう? 私はですねえ。もちろん異論は認めますが……。これは実に月並みで申し訳ありませんが……、やはりディープインパクトかなあと思いますね。

 競馬をやればやるほど、出遅れて位置取りが後方になることが、如何に不利なことかがわかって来ます。それがあの馬は毎回出遅れて、毎回最後方近くから外ぶん回して圧勝しているわけですからね。今思い返しても、ちょっと異常な馬だったと思うのですよ。

 最強馬を語る時、一つは当然競走成績が大切ですね。時計は昔と現代では馬場差が果てしなく大きいので、参考程度になってしまうか……。2着につけた着差なんかも指標になりますよね。

 史上最強馬論争に出て来るような馬は、皆成績はズバ抜けているので、後は持ってる身体能力というか、競走能力の話になって来ると思うんですよ。そういう持ってる競走能力という点では、毎回最後方から外をぶん回して圧勝して来たディープインパクトは、突出していたと思います。

 ナリタブライアンだと言う人もいるでしょう。オルフェーヴルだと言う人もいるでしょう。いや、サイレンススズカだ! とか、シンボリルドルフだ! と言う人もいるでしょう。そのどれも否定は出来ません。何か科学的に検証出来たら面白いんですけどねー。

 イクイノックスに話を戻すと、イクイノックスが上記のような伝説の馬達に肩を並べられるかどうかは、この秋にかかっていますね。とても楽しみにしています。

 私は今回や、有馬記念の時のイクイノックスのように、何というか強い馬が3〜4コーナーで異常な手応えで上がっていく瞬間がすごく好きなんですよ。「ああ、こりゃもう決まりだ」と。ディープもオルフェーヴルもナリタブライアンもそんな感じでしたよね。

 秋はどんなローテーションかわかりませんが、願わくばリバティアイランドとの戦いが観たいですね。果たして叶うのだろうか? そんな事を考えながら、夏競馬は「馬券馬券!お金!お金!」でやっていこうと思います(笑)。ではまた!

キャプテン渡辺

キャプテン渡辺

お笑い芸人。1975年10月20日生まれ、静岡県静岡市出身。A型。放送芸術学院卒業。2005年にお笑いトリオ・キラッキラーズを結成。現在はピン芸人として活躍中。土曜の競馬中継「ウイニング競馬」レギュラー。競馬予想術の粋を集めた自著「神の馬券術」が好評発売中

【YouTube】「くず競馬チャンネル」https://youtu.be/JfZ6Y2AQklo

Twitter:@captain1975

ディープインパクトか、サイレンススズカか、ナリタブライアンか。イクイノックスが「史上最強馬論争」に加わるには?【徒然なる神のくず競馬トーク】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か