GJ > 競馬ニュース > 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

武豊×福永祐一厩舎「良血2歳馬」が宝塚記念週にデビュー!? ノーザンファームが「種付料100万円」種牡馬に興味津々!?  最後方から15頭ゴボウ抜きにC.ルメールもガッツポーズ!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
イメージ画像
イメージ画像

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!

■武豊×福永祐一厩舎「良血2歳馬」が宝塚記念週にデビュー!?「間違いなく走る」名トラックマンも大絶賛する逸材

ライター「A」::福永祐一厩舎のルージュレアリーズが注目を集めています。

デスク「Y」::デビュー戦は武豊騎手が乗るかもしれないんだってね。楽しみ〜。

ライター「A」::POGでも人気を集めそうですね。

デスク「Y」::POGかぁ。以前、編集部に出入りしているスタッフとやったよね。久しぶりにやろうか?

ライター「A」::絶対にイヤです。前回のPOGを覚えていないんですか? デスクが指名した馬は10頭中6頭がデビューしなかったじゃないですか。しかも残りも結果が出なくて、ビリが早々と確定しちゃって。

デスク「Y」::あれ? そうだったっけ?

ライター「A」::そうです。だから、『デビューしてないので、無効。活躍している馬と交換しろ』とか無茶苦茶なこと言ったりして。

デスク「Y」::だってつまんなかったんだもん……。

ライター「A」::そういう身勝手な行為をされると、興ざめするんですよ。みんなの雰囲気も壊すし。

デスク「Y」::そういうことしないから! ね、やろうよ。ねぇ。

ライター「A」::イヤです。あなたは信用できない。

デスク「Y」::じゃあ、先にルール決めよう。みんながまず選ぶ。そして、その数カ月後に、私は2歳重賞の勝ち馬の中から決める。こうすれば、最後まで楽しめる確率が上がるし……。

ライター「A」::だから、そういうのをヤメロって言ってんの。ダメならダメで最後まで大人しくしとけって。

デスク「Y」::だってそれじゃつまんない……。

ライター「A」::そんなルールでやったらこっちがつまらんわ。

 

■ノーザンファームが「種付料100万円」種牡馬に興味津々!? 「まだ伸びしろがある」C.ルメール称賛のウィンターベルだけじゃない。第2のクロノジェネシス登場の予感

ライター「A」::バゴ産駒のウィンターベルが新馬戦を快勝しました。

デスク「Y」::おめでとうございま〜す。いよいよ新馬戦もスタートか。来年の日本ダービー(G1)に向けて、みんな頑張ってもらいたいね。

ライター「A」::今年、期待している新馬はいるんですか?

デスク「Y」::まだ、これ! って、1頭には巡り合っていないんだよね。去年はチョメチョメとツンツンに注目していたんだけどなぁ。

ライター「A」::……名前の響きだけで選んでません?

デスク「Y」::そんなことはない! 失敬だな。こういう名前の馬が活躍したら、競馬ファン以外からの注目も集めること間違いないじゃない。だから、応援したいなぁって。

ライター「A」::本音は?

デスク「Y」::ホントだって、ホントだって〜。ホントだって〜〜〜〜。

ライター「A」::本音の本音は?

デスク「Y」::重賞の舞台で、こういう名前をアナウンサーが真剣に読み上げたら面白いなぁって。しかも、それが……。

ライター「A」::あうと〜〜〜。あんたの性格から何言うかわかった。退場。さっさと、この場から去れ。

デスク「Y」::まだ何も言ってないじゃないか! 

ライター「A」::やかましいこの歩くコンプラ違反。昭和に帰れ。

 

■「ブロードアピールを彷彿」最後方から15頭ゴボウ抜きにC.ルメールもガッツポーズ!「すごい加速だった」妹も先日重賞制覇で新星に浮上

ライター「A」::バグラダスがダート戦を後方一気で勝利。その末脚の凄さを見たファンからブロードアピールみたいという声があがったそうです。

デスク「Y」::凄まじい切れ味の脚だったよねぇ。ああいうのは見てて気持ちがいいよ。

ライター「A」::後ろから最後の直線勝負に出る馬が好きなんですか?

デスク「Y」::そりゃ最後の最後で一発逆転したほうがスカッとするじゃない。

ライター「A」::まぁ、デスクの生き様がそんな感じですもんね。いつも、やらなきゃならないことを後回しにして、ギリギリまで放置してますし。

デスク「Y」::大変なんだけど、あのギリギリな状況に身を置くと、生きてる実感? ってのが湧いてくるんだよね。その極限状態で仕事を終えた後に飲む一杯がまたたまらんのだよ。ギリギリでいつも生きていたいから〜〜〜〜〜、あ〜〜〜〜、あ〜〜〜〜〜〜♫

ライター「A」::馬鹿言うな。大変なのは周囲のスタッフだっつーの。あんたがやらないから全体の業務の進行が滞って、いつもてんやわんやしているじゃないですか。

デスク「Y」::……そうか。私だけかと思っていたら、みんなと生きてる実感をシェアしていたのか。よし、さらにもうちょっと遅れて、ギリギリのギリギリのギリギリまで待って……。

ライター「A」:::さっさとやれっつってんの! ただただ迷惑です!

デスク「Y」::そんなこと言って〜、実は終わんないんじゃないかなぁって状況のスリルを楽しんでる・く・せ・に(ハート)。

ライター「A」::はい。ここで対談終わり。溜まっている事務作業とか原稿のチェックとかさっさとやってくださいね〜。とくに事務作業の方は、スタッフがブチギレてましたよ〜〜〜。さて、毎度バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

武豊×福永祐一厩舎「良血2歳馬」が宝塚記念週にデビュー!? ノーザンファームが「種付料100万円」種牡馬に興味津々!?  最後方から15頭ゴボウ抜きにC.ルメールもガッツポーズ!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着